続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

2012 夏 東北ツーリング №03

朝起きると同宿のハーレー軍団のみなさんも起きられていたようで、簡単に挨拶を交わして出発です。
この日目指すのは日本海側にある白神山地の青池。

青池はいつだったかどこかでライダーさんのブログを拝見して是非一度は行ってみたいと思った場所のひとつでした。
青森湾280号線を南下しながら、五所川原を経由して日本海へ出るのですが、どうせだったらあんまり通らない道を通ろうかなと思い、県道26号線という舗装だけはされているの森の中へ。
度々目撃する”熊出没”の看板にビビりながら先を急ぎます。(看板の写真なんか撮ってる勇気ありません;;)
CIMG8267_R
唯一 人の気配がありそうな りんご畑で一枚。あとはひたすら森の中の道でしたw

五所川原を通過後、海岸線へ出ると道案内で「千畳敷まで○○km」「千畳敷方面」ばかり出てくるようになってきます。
情報不足で知りませんでしたが奇岩がたくさん並んでいる名所らしく、通り道でもあったのでちょっと寄り道をしてみることに。
CIMG8277_R

ごらんのような奇岩がたくさんあって楽しそうです。(1枚しかありませんが)
バイクを目の前に停めてゆっくり見て廻ろうとしましたが、奥に何やら怪しげな雲が。
IPHONEで雨雲情報を見てみると案の定、豪雨のマークが迫ってきます。
これは大変だとバイクに乗ってまずは雨を凌げる場所を探していると思った通りザザーッと一気に降ってきましたので、すぐに道の駅「深浦」に退避することに。
CIMG8291_R

もうとにかく無茶苦茶な豪雨に雷雨です。
午前9時半にはここに到着しましたが一向に止まない雨を恨めしそうに眺めながら、全く身動きできずにいると同じく横浜から来た2人組のライダーさんも雨宿りに。
結局私は午後1時まで足止め喰らいました。
CIMG8294_R

横浜のライダーさん2人組と話しているとやはりどうしても「青池」を見たくて来た、とのことで色々情報を交換して時間を潰しているとようやく雨足が弱くなってきたので、IPHONEでも雨がもう過ぎ去るという情報を確認した上で一路 白神山地の青池へ向かうことに。
横浜ライダーさん達は先に出発。後で青池で再会した際(もっと後に出れば良かったですよ~)とバイクで濡れジーンズを乾かされてました。

青池までは細い道の中をバスまで行きかうのですぐに渋滞してしまいますが、我慢しながら登っていくと・・・

IMG_2898_R

素晴らしいです。
科学的にもどうしてここまで青くなるのかわかってないそうです。
本当はもっと白神山地を楽しみたかったのですが絶対の目的地だった青池を見られたのでこの日はもう少し南下してこの日の宿へ。
CIMG8333_R

ここの温泉、ちなみにトロトロしていてとても気持ち良かったなぁ;;
下呂温泉まではいかないけれど、中々のトロトロぶりでした。

さて、翌日は山形まで350kmの道のりです。
男鹿半島は2年前に廻っているので今回はパスしてそのまま高速道路と一般道を交えて酒田まで移動。
そこから一般道を通って更に途切れ途切れの高速道路を走ると、ここでも一雨やられました。
本当は月山という場所が綺麗だと聞いていたので寄り道したかったのですが、大雨だったので素早くスルーすることに;;
CIMG8350_R
(雨具を取り除いていても車一台通りませんw)
山形道を抜けるとそこからは立石寺へ向かいます。
CIMG8356_R

立石寺は通称”山寺”
かの芭蕉の”岩にしみいる蝉の声”で有名な寺・・・なんですが 何といっても階段ばかり;;
とてもじゃないけどライダーシューズで登り切る覚悟なんてありませんからここは途中の”せみ塚”までで終了。

CIMG8359_R
山寺 全容 (頂上なんて登り切れるわけがありませんw)

CIMG8363_R

そこから本日の宿泊地、蔵王温泉へ移動。
雨やら晴れやら目まぐるしい天気の中、何とか到着。
CIMG8365_R

CIMG8367_R

ここは硫黄の共同浴場がいくつかあるんですが、これを廻るのが楽しい。
めっちゃくちゃ熱い湯なのですが、硫黄の匂いといい最高です。
一緒に入浴した子供が目に硫黄湯を入れてしまったようでわんわん泣いておりましたw
温泉街らしい町並みを早めの到着で散歩しながら満喫しました。

翌日は早い朝食を無理言ってお願いして 蔵王エコーラインから蔵王のお釜を目指します。
CIMG8421_R

この道も、本当に最高です。
東北の道路というのは 道が荒れていなくて路面も風景も最高ですね。
平日というのもあるのでしょうけれど、快走できるのはバイク乗りにはこの上ない喜びです。
その上頂上付近にはこんな↓光景が見られるわけですから、文句なしというものです。
CIMG8411_R

このお釜は有名らしく 朝早かったんですがさすがライダーはわんさかいましたね~ 
お釜を見終えてからようやく観光バスがドカドカ来ていましたから、早めの観光がオススメかもしれません。

長い蔵王エコーラインを更に堪能しながら宮城方面へ降り、東北自動車道を経由してこの日はバイク仲間と合流します。
CIMG8453_R

向かった先は 裏磐梯。
いや、ここも一昨年来ましたが 今は観光集客を目下の目標にしているので無料道路化してあります。
もったいない位の絶景ロードです。
磐梯レイクライン・磐梯吾妻スカイラインを通って浄土平へ。
CIMG8503_R

CIMG8476_R

CIMG8469_R

この荒涼とした大地は他に類を見ないような絶景です。

CIMG8487_R

この日は福島市街地のビジネスホテルで一泊して久しぶりに宴会。

早めの就寝にした翌日は同じルートを逆に通って 更にあぶくま洞という鍾乳洞へ向かいました。

CIMG8535_R
ライトアップがされていて綺麗なんですが・・・

鍾乳洞だから相当に涼しいだろう、いや涼しいんだよ と行った経験者である仲間の言葉につられたものの・・・

アップダウンを歩き続けて かえって汗だくにw

仲間とは友部SAで別れ あとはセパレートで帰ることに。
私は常磐自動車道をひたすら南下して首都高渋滞にちょびっと巻き込まれただけで無事午後7時前に帰宅。

CIMG8544_R

総走行距離 
2437.9km

真夏の東北も暑い事を知りましたw
とても楽しいツーリングで終えることができました。

やっぱりツーリングって最高です。
スポンサーサイト
No title
ぱるさんこんばんは いやぁ~僕にとっての未走破である東北ツーリング とても楽しく見させていただきました。 蔵王の温泉に浸かって 裏磐梯を走るのは今年の目標であります。 ロングツーの大雨も後になってはいい思い出だと思います。 ツーリングにブログお疲れ様でした。^^
[ 2012/09/04 23:35 ] [ 編集 ]
No title
旅好きさん 裏磐梯、蔵王と最高です。 きっと旅好きさんも気に入ってくれることでしょう。是非是非チャレンジしてその時はまた色々情報交換して下さい。 そうそう。東北ライダーで比較的多かったのがオフロードで来られている方でして、「東北はオフロードには最高ですから」と皆が口を揃えて北を目指していて旅好きさんを思い出しましたw オフロードもよいかも? ですね。
[ 2012/09/05 16:42 ] [ 編集 ]
No title
芦Je ne peux penser 脿 une poign茅e d'enfants que j'ai vu dans les deux derni猫res d茅cennies qui ont souffert beaucoup qui serait susceptible d'avoir b茅n茅fici茅 de cette technologie禄, a d茅clar茅 Bent.
[ 2014/08/23 01:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR