続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

日塩もみじライン起点林道探し 悪天なら温泉に限る!

思い立ったのはほぼ前日。
週末は天気がすぐれないとはわかっていたものの、とにかくどこかに行きたい。天気予報は最後の寒波などと明らかにライダーを牽制してくるものの、こっちは道路が凍結さえしていなければ何とかできてしまうと思い込んでるセローでの出撃予定。
雨なら雨でどうせならのんびりと温泉に浸かるツーリングにするのもいいだろうと目指したのが那須塩原の更に奥にある温泉
当初の予定では土曜日一泊のつもりだったのだけれど、二週間馬車馬のように働いてきたタガが外れてしまい、仕事の予備日にしていた金曜日が空いたものだから、前倒しして泊まり込んでやろうと決心して出発したのが金曜日午後。
DSCF8498_R
当然雨が降ってます。ええ、予報で言ってましたもんね。
学校が休みだった三女は粛々と準備を進める私を笑いながら”凄いね。よく行くね”と小馬鹿にします。
でもいいんです。そのつもりでいましたから。ツーリングは雨でもへっちゃらです。雨具を着れば旅もまた楽し、ってもんです。
ライダーが苦手としているのは”風””雷”だけですから構いません。
再度天気予報では直前予報で今年最後の大物なんてふざけた事を言っていますが関係ありません。
ワークマンの防寒具がかなりの大役を担ってくれますし、大勢の方から”それってお前もうライダーじゃないんじゃね?”と言わせしめたヒーテックウェアヒーテックグローブがあります。
まさしくこれを着ていれば風呂状態で走れるんですからです。
これを14Rに飽き足らずセローにもバッ直搭載してあるから安心して走れます。
しかもテスト走行した際はCB1300より電圧が安定しているし・・・ セローの発電量割と強いんだねっていうよりCBどんだけ弱いねん という程の心強さ・・・
いずれにしろブロ友のクマさんじゃあるまいし、-20℃の凍結北海道を目指すような変態Mツーリングってわけでもないしねっと気軽な感じで温泉+林道探索ツーリングに出かけました。
ルートは単純で小田厚~圏央道~東北道で普通に走って4時間コース。
DSCF8503_R
途中で昼食やら休憩やら入れても6時間で到着できてしまいます。
っつってもそこはセロー。木馬に延々と跨って走っていればケツはいくつにも割れてきますし、これだけ寒いとはいえ空冷の影響か、ぬふわ巡航するとダレてきてエンジンがモタモタしはじめます。 ん~ 空冷というかキャブの問題かな? マフラーもエキパイも変更してキャブいじってないんですから。高速走行を継続しているとたまに不機嫌になっちゃいます。
まぁ のらりくらりと普通車にガンガン抜かされながら、休憩も何ならちょいちょい挟みながらも高速を西那須野塩原で抜けるとR400を山の方面へ。
途中GSで給油するとパラパラと降る粉雪を見ながら「これじゃぁ山は雪っすょ」とスタンドの兄ちゃんが突き放すような一言。
「そこに行くんですよ」とニンマリ告げると「えええ?まじ?気をつけて下さいね」とその後心配されっぱなしw
はい。仰るとおり。 山に入った途端猛吹雪に視界は悪くなり前走車の地元ナンバーもかなりの安全運転。
まぁ 車もたくさん通ってるし日中だし、大丈夫だろうとこちらも注意しながら走行してこの日は余計な場所には立ち寄らず温泉三昧に決定して宿直行。
目的地は日塩もみじラインの途中にある温泉
DSCF8516_R
宿の真裏には思いっきり煙が立っておりますが大丈夫なんでしょうかね?

温泉は硫黄臭が強く色は白濁で、宿には湯泥といってお湯の沈殿物の泥が皮膚にとても良いらしいんです。
その上飲泉できるお湯らしく、膵炎や胆汁分泌、便秘の他に胃腸にも効果絶大とのこと。
更にプラスして外湯3つは宿泊客なら無料で入湯できるので湯巡りもできます。
ただ。 本当に湯治系の客かこの先にあるスキー帰りの客が立ち寄るだけの温泉なので、観光目的とした”温泉街”にはなっておらず宿以外にお店が皆無。
土産屋なんて言うに及ばず唯一あるのが呼んでも呼んでも出てこないおばちゃんが店番している雑貨屋。
唯一手に入るチュウハイもワンカップもここが閉まると遥々塩原の温泉街まで出向かないと物が手に入らないので注意が必要です。

DSCF8529_R
さて。さっそく温泉に浸かってみますが、これがもう。本当に文句なし。
昔の風情が残された湯船に程良い硫黄の匂いが鼻を突いてきて、肌には白濁の湯が染み渡ってきます。
湯量も多いのか元々八十℃の高温源泉がたっぷり出てくるのですぐ湯船全体が熱くなってしまうらしく、源泉には木の枝で栓をして湯量を調節しているようです。
その合間からチョロチョロと滴り落ちる湯音がまた風情をより一層演出してくれます。
では湯船の傍らにある湯泥も試してみることにします。
奥にあるポリ容器にたっぷり入れられた白濁の湯泥を手にどっさり取って体中に塗り込んで待つこと10数分。
いい歳こいたおっさんが真っ白になって風呂場に佇む姿をみた他のお客さんはどう思ったんでしょうね?w
ところが洗い流してみるとこれがつるっつるに。 
そして備え付けのコップで硫黄源泉を汲んで飲んでみると、これがまた硫黄の成分がたっぷり含まれていて、しかも体内に入るととても暖かい。美味しい。
温泉入浴プラス飲泉はとても効果があるように感じました。
私は温泉大好きで、青森から熊本まで結構な場所の温泉を目当てに走ってきましたが、ここは個人的にもかなり上位に入ります。
A級観光温泉地よりもこうゆう寂れた感じの方が好きかもしれませんね。
DSCF8535_R
それにしても何度温泉に浸かった事でしょう。
露天(眺望は望めない)はあまりの外気の寒さでほとんど入りませんでしたが、近くにある3つの共同浴場にも出向き、それぞれ赴きのある温泉を満喫しながらゆっくりと浸かって、部屋に戻って酒を呑んで、の繰り返しで寝たのは午後9時過ぎ。
DSCF8556_R
これは共同浴場のうちの一つ。
久しぶりに時間をたっぷり贅沢に使えて満足。

翌朝3時に眼が覚めるとやはりここは山の中なのだという自覚を持たせてくれるのかとても静か。
いや。いや。これはそうゆう静けさではない、と窓の下に目をやると・・・
DSCF8551_R
はい。積雪です。
徐々に降り積もっていく雪にちょっと焦りが出ます。
このまま降り続くとバイクで出かけられなくなるじゃん!とちょっと心配。
しかし万一林道巡りができなくても、まぁあと一泊するし、温泉で一日中、のおんびりすればいいかぁ と暢気なもの。
翌朝起きてみるとうっすらと。
DSCF8550_R
う~ん こりゃダメかぁ? と思いましたが、目の前の日塩もみじラインは塩カルが撒かれているのか、下を温泉が流れているせいか、割と大丈夫そうな様子でスノータイヤの車もたくさん通るのですぐに舗装路が見えてきました。
朝食を済ませて一っ風呂浴びて、ノンビリと出発。
山の奥に入るにしても燃料を満タンにしておこうというのと、ちょっと寄りたい所があるので山を一旦降ります。
向かったのはここ。
DSCF8598_R
史跡 生石
九尾の狐が絶世の美女、玉藻前に化けた後云々という伝説の伝わる場所。
まぁ 討伐された後に毒石に変化し、更に砕けて全国に飛び散ったということらしいです。

それにしてもIPHONEのグーグルナビときたら・・・;;
目的地登録して近づいても、どう考えても”目の前のそこぢゃん!”と思うのにグーグルナビは曲がれ曲がれ!と連呼。
”まぁ そこまで言うならじゃあ行ってやろうじゃないの”と指示通り付いていけば案の定、オフ車セローじゃなきゃ100%するような舗装路
DSCF8574_R
”目的地に到着しました。お疲れ様でした”
じゃねーよ!!!
DSCF8586_R
去夏、14Rで紀伊半島ツーリングをした際、谷瀬の吊橋を案内させたら未舗装路の河原キャンプ場まで下ろさせられたのを思い出しました。
DSCF8584_R

仕方なくもう行けませんって所までセローで行って後は徒歩。
でもとても行けそうにないので改めて正解の場所に戻って散策。
DSCF8592_R
雪がちらつく生石を後にして再び来た路を戻って今度は宿泊地よりも更に奥に進んでいきます。
事前調べではこの奥は福島県に突入するようでそこには林道がたくさんあるということ。
この日は幸いにも少し陽が出たりと天気も悪くなさそうなので無理しない程度で突っ込んでみようかと思います。
あ、それと携帯の電波状態は常に確認するよう心掛けました。
単独行動で万が一の事があっても電波さえ入っていれば何とかなるのでは・・・という最後の頼みの綱。

後半へつづく
スポンサーサイト
No title
ぱるさん、こんばんは♪ ご無沙汰してます~。 今日の箱根はなかなかの雪になってるようですね。 栃木ですか~この時季の栃木に出かけたことはないですが、温泉堪能されましたね(^^)v! ひなびた温泉、とってもいいですね。 もう少し雪が溶けたら行ってみたいところです。 このあとどの辺を走られたのか興味深々… 最初キャンプですか~?!!と、思ってしまいました^^;。
[ 2016/03/14 20:40 ] [ 編集 ]
No title
ひなびた温泉ですねぇ 凄く雰囲気の良い、玄人好み温泉、湯治場って感じですね。 この後、雪の林道行くんですか!楽しみです。
[ 2016/03/14 21:02 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさんこんばんは~^^ こんな天候でもオフ車なら何とかなっちゃうのが オン車とは違いいいですよね~。 最初、ぽちさん同様キャンプかと思いましたよ。 同じ日にGS-Aに乗ってるブロ友さんが富士山の麓で キャンプしていたみたいなので。 温泉いいですよね~。行きたいなぁ。 硫黄臭のする温泉は好みです。 後半楽しみにしてます。
[ 2016/03/15 00:45 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさん、こんばんは〜。 お仕事お疲れ様でしたー。 TOPの写真を数日前に拝見して、ぱるさん、どこへ行ってますの〜?って 思っておりました。 凄い雪景色ですが、大丈夫だったのでしょうか? それにしても、寂れた感じの温泉、イイですね〜。 「いい歳こいたおっさんが真っ白になって風呂場に佇む姿をみた」 真っ白になったぱるさんを想像しちゃって、ココで吹き出しました〜。 ∵ゞ(≧ε≦● )ププ〜ッ 後半も楽しみです。
[ 2016/03/15 01:08 ] [ 編集 ]
No title
ぱ・ぱるしゃん・・・なにしてますのん?(^^;) ぱるさんまで冒険王になっちまったんすか!(笑) 記事読んでてとっても羨ましく拝見しちゃいました(^^) いいですよね~!敢えて有名どころの温泉はパスして秘湯巡り! 時間と鬼嫁の承諾があれば私も吹っ飛んでいきたいです! 下から二番目の写真は野〇ソの後の写真すか?ww 今回はチ〇コにティッシュは大丈夫でした?(笑) 続編も楽しみにしてます(^^)
[ 2016/03/15 07:27 ] [ 編集 ]
No title
グーグルマップとにらめっこしながら、記事拝見しました。 那須方面は、知らない所ばかりです。 寒そうですが、ヒートテックとヒートグローブで、完全防備ですね。 日帰りはきつそうな行程ですが、暖かくなったら行ってみたいです。
[ 2016/03/15 09:10 ] [ 編集 ]
No title
ぽちさん キャンプも考えましたがロングだったので今回はのんびり温泉三昧しようかともくろみました。 雪を見てキャンプじゃなくて正解だったかもしれません。 私の装備じゃ凍死しますw
[ 2016/03/15 18:13 ] [ 編集 ]
No title
くまさん 少なくとも影響は受けてしまった一人です。 可能な場所で遠くの林道を探してみようだなんて あの記事を見なければ思いつきませんでしたw 知らないところは楽しいですね。
[ 2016/03/15 18:14 ] [ 編集 ]
No title
旅好きさん そもそもこうゆうツーリングスタイルだったんですよね。 それにプラスしてちょっとした道へ迷い込む。 もうオンロードじゃできない事やってきました。 が。 高速は洒落にならない位キツイですw
[ 2016/03/15 18:16 ] [ 編集 ]
No title
かもねぎさん まさか雪になるとは思いもしませんでした・・・ 3日間ずっと雪との格闘でしたよw 温泉はいいですよね~ たまんない位大好きなんです。 泥で真っ白になっていたら入ってきた方が「わっ」って驚いてましたもんwww
[ 2016/03/15 18:17 ] [ 編集 ]
No title
ムコさん もうずっとこのスタイルだったんですよ。昔から。 バイクで遠出して温泉に入り浸る。 プラスして近場の変な場所へ入り込めるようになっちゃうんだから凄いもんです。オフ車。 あ。ただこうゆう場合はWRのが圧倒的に分があるなぁって思いましたが;;
[ 2016/03/15 18:19 ] [ 編集 ]
No title
チェローさん 日帰りじゃちょっとキビシイですよね。ここら辺は。 翌日は福島県まで突入してきましたからwww 大した道じゃなくてもそこらじゅうに未舗装路がありましたよwww うひゃうひゃ言いながら迷い込んできましたwww
[ 2016/03/15 18:20 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさん、こんばんわ(^^) ご無沙汰しております。 うらやましいです!! 温泉・雪・林道・バイク、サイコーのシチュエーションですネ!! 福島や長野方面の残雪林道キャンツー行きたくなりました(^^) グーグルさんよりもヤホーナビアプリのほうが使い勝手が良かったです。
[ 2016/03/15 19:08 ] [ 編集 ]
No title
シオヤさん いやぁ 良かったです。 キャンプはこれからなら最高ですね! シオヤさんもキャンパーでしたよね? 是非今度連れてってください! ナビ・・・ヤホー今度使ってみますね。
[ 2016/03/15 21:01 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさん、こんばんは。 雪を目指す雪中行軍ツーリンの合間で温泉なのでしょうか。 温泉マニアだったんですね、知らなかったです。 温泉浸かりながら地酒で心も癒す、そんなツーリング行ってみたいです!
[ 2016/03/15 22:29 ] [ 編集 ]
No title
おーさん いやいや。おーさん達と一緒に行ったら地獄にさせられちゃうじゃないですかw ふつーの。ふつーの温泉ツーリングを目指したんですよw 温泉で地酒。いいですね~ のんびりするツーリングもまた最高でした。
[ 2016/03/16 07:30 ] [ 編集 ]
No title
よりによってわざわざ雪の降る東北へ。 もしかしてセローに乗ったら感覚がなくなるのかしら。 寒いとか暑いとか危ないとかそういった感覚は セローに乗った途端どこかへ消え失せるのでしょうか。 ま、無事に帰って来れたからすべてよしとしましょう。 オフ車乗りにはなりたくないな。 と言いながら私も雪が降ったときに 好んで雪の中を走ってみましたがね。 他人のことが言えないですね。
[ 2016/03/16 12:52 ] [ 編集 ]
No title
一人でいかれてたんですか?そんな寒いところに(笑) でも温泉っていいですよね。 走った後に温泉つかって一杯やって、至福のひと時ですね。 今度温泉ツーでも企画してください。 参加しますよ!
[ 2016/03/16 14:50 ] [ 編集 ]
No title
かきさん わざわざ行ってきました。 栃木~福島はやっぱりまだ冬でしたね~ 今までは大きいので遠出しても「あ。ここ行ってみたいんだけどな~」って道、結構あったんですよ。 それをセローでやってみたくて。 さすがに積雪した時はビビリましたがw
[ 2016/03/16 17:29 ] [ 編集 ]
No title
ふじさん 一人でロングの温泉、好きなんですよ。 そうそう。その一杯がたまらないんです。普段のお酒と全然味が違いまして。 温泉ツーいいですねぇ 是非一緒に行きましょう!
[ 2016/03/16 17:31 ] [ 編集 ]
No title
温泉ツー良いですね。 個人的に雪を見ながら入れる露店が大好きです。 バイクは基本的に日帰りなので温泉は寄らないので 旅行先ではずっと入りっぱなしですw 雪道をバイクなんて凄いですねー!
[ 2016/03/17 09:48 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさん 私は日曜日は鬼怒川でしたので、本当にニアミスもどきですね。あの日は鬼怒川でも、粉雪がだいぶ舞って超寒かったのに、、、( ̄◇ ̄;) でも、オフ車は無敵ですよね。根性さえあればどこでも行けちゃいますよも。でも、さすがにぱるさん、携帯電波、命綱はしっかりキープしてますね。
[ 2016/03/17 21:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR