続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

PUNCTURE. 2

さて何とか会場に到着すると丁度タイミングは良かったらしい。

旅好きさん他、オンロードのDANGUNのメンバーも到着していてすっかり復活の雰囲気は整っていた。
最近はオフ系の走りばかりに出ていたのでオン系のメンバーとの再会は本当に嬉しかった。

無事会場入りが済むと早速料理が運ばれ、旅好きさんの挨拶、ムコさんの暖かいメッセージで宴は開宴。
ムコさんはこの日のために準備したネタ挨拶を披露、のはずが園内の他のお客さんの子供たちに弄り倒されてせっかくの挨拶が完全にグダグダに。
P4240130sss
それでも旅好きさんの復活祝いとしてチームみんなが志として少しずつ出し合って購入したWR用のビッグタンクのプレゼントで喜んでもらえたので良しとしよう。

それにしても正直、この面子で酒入ったら面白いだろうな、というのが第一印象。
DANGUNオン、オフの面子は無論の事、前倶楽部の2チームなど、正直言えば大昔から穴の空くほどブログ記事を徘徊しては読み倒してきたのだ。無論読み逃げだったが。
当時はCB1300SB全盛時代で、同車種を乗り回していた私は当然情報入手手段としてブログを徘徊、をたらしながらいつかはお逢いしてみたいチームだと思っていたのだ。
実際時間があまりなく話もにできなかったのだが、楽しそうな方達ばかりだった。
今後の合同ツーリング等に期待したいところである。

さて進行上、チーム分けされた私の所属するBチームはこの日きまくっていた。チーム面子が良かったのだろう。
新潟のホワイトさん、CATBIKEさん、かきさん、Osamuさん、ちょっとfatboyさん、有さん。
RIMG0157sss
確かに陣容は整っている。

まずはクイズによる高級足柄牛を難なくET
これはかなり美味かった。
RIMG0166_R
その後も美味しい足柄牛をミディアムレアで堪能しながらいくつかのゲームに参加。
気じゃんけんも申し訳なくも一番良いものを頂くこととなった。
参加された方、特に強制的にをみせられたチームは痛感したことだろう。
思った以上に腹が立つのである。
こうなると次こそはを見せてもらう側になりたいとなり、また漢気を見せる羽目になる。
そして最悪のスパイラルに陥るのである。

さて。宴もたけなわとなったところで、私にはまだしなければならない事があった。
大観山に置き去りとなっているクマさんのセローの対処だ。
一番近くに住んでいて動力を考えると私が動くのが丁度良い。
さて対処を、と試算すると暗くなる前に引き揚げなければならないし、そうなるともう出発しなければならない時間となっていた。

主役の旅好きさんには挨拶できぬままだったが、周囲の人に告知して先に自分のセローで自宅へ戻り、急ぎ前輪を取り外す作業に取り掛かった。
その間に探偵チェローさんのガイドで有さんの車に同情してきたクマさんも到着。

この後の段取りはこうだ。
一旦私のセローの前輪と新品チューブを車に搭載して大観山までクマさんと移動。
クマさんセローの前輪を現地で外して私の前輪を換装。 下山後時間的に暗くなるだろう事を想定して夜間作業も可能なおーさんにガレージを提供して頂いて外しておいたクマさんの前輪に新品チューブを挿入して作業完了させる。
RIMG0167sss
大観山にて新車のアニバーサリーは見事な2個1と進化した。

果たして計算通り事は進んだ。
時間的な配慮からターンパイクを使用して移動、暗くなる直前に広いおーさんガレージに無事到着。
助っ人作業員としてななよさんもしていてくれた。
ここは前日伺ったばかりだったが広大な敷地に倒木が転がっていたりで、やる気になればハーフコース位作れるんじゃないかと思う程。
そこに屋根付きガレージがあるのだ。
ここをお借りして早速作業に取り掛かる。
RIMG0169_R
オレンジ
色の艶やかなホイールから引っ張り出されたチューブは山林の中での過酷な状況下での作業状況を物語っていた。
笑える程のいい加減なパンク修理の爪痕だった。
さてようやく新品のチューブを挿入。タイヤをはめ込んでエア注入で作業完了する。簡単な作業だ。
だが私は知っていた。
最後のが待っていたことを。
タイヤをはめこむ際、チューブがまないように慎重にビードをはめないとパンクさせてしまうのだ。これに注意しながら作業しなければならない。
「気をつけてください。これで3度もやらかしたんですから」とクマさんに注意するものの、「それはお前がヘタだから」と無返答であることがきっとそう思っているに違いない事を私に想像させた。
そしてその慢心は最後のビードをはめ込んだ時にへと変わった。
ューッと勢いよくエアの抜ける音。
「やっちゃった!?」とクマさんのか細いい声。
タイヤを再度開腹すると見事にが。
「バカめ。言ったばかりではないか」とは言わずこうなる可能性を鑑みてもう一本余分に用意していた私の先見のの凄さ。見事にしたのだ。
「もう一本ありますから。大丈夫ですよ」とやわらかい口調を崩さず笑顔でチューブを渡すとクマさんからは猛烈なの言葉が出てくるのかと思いきや、意外な一言が。
「ノーマルチューブだから切れちゃうんだよなぁ 強化なら切れないんだけどねぇ」
どうもすみませんねぇ。ノーマルチューブを用意しちゃって。
この男。じて許すまじ。
RIMG0171_R
流石に2本目、ラストとあって今度は慎重に慎重に。
ここでななよさんの出番。
「体重乗せればいけるんじゃないすかね?」とレバーを使わずに助っ人作業員ななよさんがパワーのみで押し込んでくれ遂に作業完了。

空はもう真っ暗だったが何だか気持ちはようやく明るくなった気分だった。 
「ようやく全てが終わったのだ」
一安心したクマさんは「ご飯でも」と誘って頂いたのだが遅くなった事もあってこの日は遠慮させて頂くことに。

それにしても色々な人間の性根を垣間見たある意味深みのある忘れられない復活い+ツーリングとなった日であった。

関わった皆さま、ご一緒できて楽しめました。ありがとうございました。
スポンサーサイト
No title
連コメ失礼しますよ! 素晴らしいチームDANGUNの結束力(^^) さら~っと流す内容も芥川賞作家のぱるさんの手にかかるともう大爆笑っす(^^) でもホントお疲れ様でした(^^) やっぱチームDANGUN・・・最高だな~(^^)
[ 2016/04/27 18:20 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは~。 怒涛の二連作一気に拝読しました。 林道ツーも大変だったみたいだけど、宴会の後も大変だったんですねぇ。 宴会では我等がBチーム・・・食いもんがかかった勝負じゃ神ががってましたね^^ サーロインをAチームに見せびらかしに行ったら、まぁ悔しがることw あれで肉の味が三倍くらいアップしましたよw 最近は泥んこ遊びに夢中の様ですが、男KAWASAKIで怒涛の走りも 見せて下さいねw でわでわ・・・(^.^)/~~~
[ 2016/04/27 19:06 ] [ 編集 ]
No title
気付いたらぱるさん達が居なかった。みなさんの行動力、スピード、結束力に感動です。 おーさん家すごっ!ここでミーティングできるんじゃ?丸太越えの練習も? 雨でもバーベキューできるじゃない。ガレージに興味もってしまいました。
[ 2016/04/27 21:43 ] [ 編集 ]
No title
復活祭ではご参加と盛り上げていただきありがとうございました! ビックタンクのプレゼントは本当にうれしかったです! 自分のWRの立ち位置は この前ぱるさんが温泉ツーに行かれたようなツーリングを メインにしたいからです。 そうなると小さいタンクでは高速は燃費も悪くなるし 心もとないです。 チューブのパンク修理ってわかっていてもそうなっちゃうんですね。 自分もムコ殿さんとあーだこーだ!言いながら 新品チューブをやっちまいました(笑) 同じ事言いますが林道でのパンク修理って容易じゃないですね。
[ 2016/04/28 00:38 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさん、今回は感謝感謝の言葉しか出て来ませんよ<m(__)m> 折角の旅好きさん復活祭を途中退席させてしまい、記念の集合写真を撮れずじまい。 お疲れの所を箱根まで運転させてからのタイヤ交換。。。本当にありがとうございました。 これだけ感謝の言葉書いておけばOKでしょうか? ぱるさん地元の箱根までのドライブなのに何故かミスコースしたり「えええ~!」 極薄のノーマルチューブを声高らかに2本も持っているからと自慢されたり「・・・(^^ゞ」 おーさんも、ななよさんお二方を余り知らないので食事中に盛り上げてもらおうと思ったら、そそくさと帰ってしまうし「マジかよぉ!」 ・・・なんだかなぁ。 何て全く思っていませんから!ありがとうございました、マジで。<m(__)m>
[ 2016/04/28 06:17 ] [ 編集 ]
No title
2作連続読ませてもらいました サーロイン美味しそうですね~Osamuさん見せびらかしにくるし・・・ 最後バタバタでちゃんとご挨拶できませんでした 会の後も大変だったようで・・・おつかれさまでした 次回お会いする機会を楽しみにしています しかしおーさんの家スゴイですねぇ
[ 2016/04/28 09:54 ] [ 編集 ]
No title
フロントだけゴールドのアニバーサリーモデルって、かなり変ですね。 ぱるさんと、クマさんのバトル勃発か?ロッシとマルケス並みに発展するのかー? GWお気をつけて。
[ 2016/04/28 10:29 ] [ 編集 ]
No title
タイヤ交換はやった事なかったので良い勉強になりました。 オフタイヤは柔らかいって言われるので何とかなんじゃねと行動にでましたが 「これ体重で入るって本当かよ!」と思いつつ後には引けないので フルパワーで押しこんでみました。
[ 2016/04/28 10:53 ] [ 編集 ]
No title
最後まで本当にお疲れ様でしたm(__)m おーさんガレージとななよさん生レバービックリ!! 次回ぱるさんにお会いする際は人間性を見られている事を意識します(笑) GWロング、不文律「無事かえる」陰ながら願っております。
[ 2016/04/28 11:47 ] [ 編集 ]
No title
いろいろお疲れさまでした。 午前中といい終わった後とといい」大変でしたね。 でも山中でタイヤを外してパンク修理とはさすがですね。 私は絶対無理ですから。 おまけに広い車庫での作業もさすがだと思いました。 皆さんバイクに乗るだけではなくしっかりメンテもされて これに関していつも感心してしまいます。 メカ音痴の私にとっては皆さん神様ですからね。
[ 2016/04/29 09:24 ] [ 編集 ]
No title
やっぱり現地修理しなくて正解でしたね。 セロー率が多くなるとこのような部品の入れ替えができるで、こういう状況では 助かりますね。 「ここで急いでやってしまってパンクするんですよね」と言った直後にパンクした時は、 ちょっと笑いそうでした 。
[ 2016/05/01 07:19 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさん、こんばんは〜。 今頃は宿で温泉に浸かっている頃でしょうか? 怒涛の2連作、読ませていただきました。 ぱるさんの行動力と段取りの良さには、毎度ビックリさせられます。 自分のセローのタイヤを外して、クマさんのセローと交換しちゃうなんて、 思いつきもしませんでした。ぱるさん、サスガです。 しかも予備のチューブまで持参するだなんて、先見の眼の凄さにも驚きです。 これだけ持ち上げておけばOKでしょうか?(^^;) 東北ロンツー、気をつけて楽しんでくださいね!
[ 2016/05/01 19:11 ] [ 編集 ]
No title
おはようございます。 ご無沙汰しております。 レスキューお疲れ様でした。 パンクしたのは前輪だったんですねぇ。 見事な移植手術、大変参考になりましたぁ(^^♪ 久しぶりのお邪魔様でした。 あ!東北ツー気を付けてください。報告楽しみにしています。
[ 2016/05/04 07:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR