続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

2016GW 東北北陸ツーリング 能登半島周遊 3

2016.05.03 Tuesday

今日はメインのマスツーリングで神奈川からも合流してくる友人と夫婦一組の計3人がいるので飛騨高山を早めの出発。

RIMG0215_R
何よりも今回のマスツーリングは殆ど舵取などしたことがない私がツーリングリーダーになるものだから、前々から移動場所やら滞在時間、天候までを色々考えて気が気ではなかった。
実は事前予定では能登半島は半時計回りで廻ろうと考えていたのだが、天気が少し良くなさそうなので夕日を見ながら走る計画は捨てることにして時計回りに走って雨を避けながら宿に飛び込む形にした。
ただ全部の予定を入れ替えて時計周りにすると、案外能登半島は大きく宿到着予定が20:00を過ぎてしまう。

そこで一々のんびりせずにまずは巡れるところを急いで巡ってしまう計画としておいた。

DSC03624_R
まずは集合場所は五箇山へ移動。

ここは白川郷程の観光化はされていないので寧ろこちらの方がじっくり楽しむには良い。

古きよき日本をじっくり感じる事ができる。


前日から追いかけてきた神奈川3台ともここで無事合流。

さっそく移動してまずは能登半島といえばここを外すわけにはいかない、千里浜なぎさドライブウェイへ。

C0044T01_R
実は私は初訪問。最初はちょっと緊張するが走ってしまうとこれは楽しい。

DSC03664_R
波打ち際まで寄ってバイクや車が止めているのでそれに合わせて少し休憩しがてら写真撮影。

DSC03677_R
私の14Rはサイドスタンドが砂に埋まらないようにとエクステンションを付けていたのだが、それでもダメで近くの木っ端を用いた。

それとこの浜、割と距離があるのと出口付近はコンクリに砂が浮いているので少し注意が必要。

次いで向かうのは義経の舟隠しと呼ばれる場所。
ところが移動するのに地元の車がかなりペースが遅い。何度か抜き去ってしまおうかとも思ったのだが後で取り締まりを行っていた事を知ってかえって救われた。
RIMG0228_R

こんな所に舟なんか隠せるものか。いくら義経といえども。どんな小舟を隠したというのか。

少なくとも軍船は隠せないだろう。

ここからは路上駐車してカメラだけ持って現場へ。撮影終了時に即座に移動、といった感じをこの後も繰り返す。

RIMG0233_R
能登半島突端を目指して北上しながら立ち寄ったのがなぜかヤセの断崖をすっ飛ばして男女滝。

できるだけバイクから降りて歩くスタイルの観光を避けたかったからだ。

ここはもうヘルメットなんて脱がさせず写真だけ撮ってお終い。

「たばこが吸いたい」というのだが「仕方ない。一本だけ」という条件も何箇所も出した。偉そうなものだ。かつて一日4箱も吸う喫煙者だったことはすっかり忘れてしまうほど習慣とは恐ろしい。

一行、何だったのかもわからずとりあえずカメラを向けていたので「後で調べるように」と説明を付加して次へ。

RIMG0239_R
更に進むと間垣の里。

ここはNHKのドラマの舞台にもなった場所で西日若しくは風除けで設置されている外壁が特徴。

街並と外壁の雰囲気が味わえれば良いのでここも簡単に撮影を済ませて次に移動。

ここら辺からは海岸線のアップダウンが激しい道になり気持ちがいい。

RIMG0248_R
時間も昼となったため輪島でようやく腹ごしらえをすることに。

本当は地のものを美味しく食そうかとも思ったのだが美味しいと事前調査しているお店は全て混雑していたのと夕食は宿で海鮮系になるのはわかっていたので「腹に詰められるだけ有難く思え」と恩を売って空いているお店をチョイス。

うん。空いているお店はそれなりの理由がある。隣のそば屋なんて大行列だったのに。

DSC03715_R
次は超一級観光地 白米の千枚田。

さすがにここは観光客が圧倒的で、だが現場は予想上ではもっと山間にあるものだと思っていたのだが海岸ぎりぎりで稲作をやっていることに驚いたし、これだけの観光客の衆人看視の中黙々と作業をする農家の方がいるのに驚いた。

RIMG0259_R
更に北上を続けて目指すは最北端、禄剛崎灯台なのだが途中見逃してしまいそうになったのがゴジラ岩。

もっと大きいものを想像していたので正直吹きだしてしまう程の小ささだった。看板なければ見逃していたはず。

DSC03741_R
そしてようやく道の駅狼煙へ。

この道の駅は二度目。CBで一度来ているがこの時はソロで灯台までは登らず終いだった。

DSC03742_R
ここから急勾配の坂をひたすら歩いていくと灯台を発見。

灯台に萌えない性分なのだろうか。あまり先端好きという性格ではなさそうだと改めて自覚。

DSC03759_R
更にその先には有名なランプの宿。

ここに到着した時点で16:00 土地勘がないとここまで余裕で移動できてしまうようだ。

ここまでくればもう後は見附島と能登大橋だけ。

DSC03773_R
ところが見附島へ到着すると風が相当強くなってきた。波が風の強さを物語っている。

さっさと撮影を済ませて能登島へ入ろうか考えたが風と時間を見て、ここは勇気ある撤退をして一気に宿を目指す。

一気にとはいっても能登半島は長い。

見附島から氷見の宿まで軽く100km。

ここからは追いかけてくる雨雲から逃げる旅。

雨に降られてなるものかと必死に100kmを走り続けて何とか宿に到着したものの、一行からはブーイング

「一度位休憩を入れろ」と。

雨に降られなかった恩を訴えても「休憩をなぜ挟まない、おかしい」と、そちらを攻められっぱなし。

しかし宿に到着して30分もたたぬうちに雨が本格的に降り出してきたのを見て、恩に着せまくってやった。

この雨も本当にタイミングが良く、宿に泊まっているうちに降り抜けてしまってくれた事がツーリングリーダーの徳というものだろう、と一人で思った。

DSC03780_R
今日は能登半島一周完了。ようやくゆっくりして乾杯。

DSC03789_R
宿の料理はさすが能登で人気の民宿。味は抜群によく疲れた身体を癒して翌日に備えた。

それにしても、と思う。

昔は夜遅くまで呑みまくっていたのだが、最近はすぐに眠くなってしまうようで割と早い就寝。


2016.05.04 Wednesday


RIMG0266_R
この日は朝からよく晴れた。風は強めだったものの晴天の中ツーリングできるのは有難い。

屋根付きの宿だったので雨に濡れる事もなかったバイクを準備すると一路南下。

晴れ渡った雨晴海岸へと向かう。がgoogle mapの示す場所は雨晴海岸ではなく地元の人に教わりながら現着。

RIMG0270_R
こちら側は波が少ないのだろうか、まるで湖のような波しかなかった。

そこから更に進んで、前々日来た海王丸パークへ再訪。

DSC03825_R
前回走行できなかった新湊大橋を走る事ができ満足。

但しこの後金沢へ向かおうとする一行にとっては海王丸パーク側から新湊大橋を通って北陸道に乗るのは遠回りではないだろうか。割と時間がかかった。

IMG_1704_R
北陸道を経由して向かったのが金沢東茶屋街。

ここも一級観光地。人混みが激しく駐車場も満杯。車は駐車待ちの大行列を作っていたのだが、そこはやはりバイク。地元の交通整理の方から茶屋街にすぐ近くの銀行の駐車場を案内された。

観光はといえば街の味わいなどあったものではない。飛騨高山もここも人混みを避けるのが精一杯でそれどころではなかった。

金沢は金箔生産の町でもあるのでお土産に金箔モノが多い。

ここで一行が目に付けたのは金箔ソフト。


なめてんのかといいたくなる値段だが、ライダーがソフト好きなのと漢気好きなのはどこも一緒のよう。

話のネタで金箔ソフトが対象となる。

金箔ソフト1ケ700円、6人で4200円も吹っ飛ぶという一撃必殺の大勝負。

こんなものは大抵払いたくないオーラを醸し出し続ける人間に運が巡っていくもので、当然の結果となってごちそうになった。

DSC03874_R

払って尚「高速だったら何処何処まで行ける」「昼飯ならうなぎで・・・」などと言ってる時点で破綻するシステムになっていたことに本人は気づいてないようだった。

その後兼六園は横を素通り、金沢駅のオブジェ撮影をした後、昼食はまたもや今晩も海鮮系となるので8番ラーメンとすることに。

DSC03878_R

金沢の駅前は物凄い人混み。

RIMG0280_R
チェーン店らしい感じであるが、関東でいえば長崎ちゃんぽんのような立ち位置か。

最初google mapで8番らーめん本館をガイドさせたら本社に到着してしまった。仕方なく近くの支店に急遽移動。みんなそんなに空腹ではなかったようで助かった。

IMG_1707_R
味も長崎ちゃんぽんと似たあっさりした塩味。


満腹になったところで再度北陸道を使って一気に福井入り。

DSC03906_R
まずは永平寺へ向かう。

DSC03917_R
なかなか味のあるお寺で、有難いお坊さんの説法を強制聴聞させられた後入場していくシステム。

奥へ進むと有名な天井絵がびっしりと書かれており大量の天井絵のうち獅子2、鯉2、リス1を探せると願いが叶うという情報をネットで聞いたと伝えると、たくさんの観光客が移動した後もずっと探していたアフォ6人がいた。

次の組がやってきても探していて、燻しがられた。

DSC03919_R
さてこの日は更に大阪からもう一人参加してくる予定だったのだが、先に宿に到着してしまったとのことで仕方なく東尋坊までは来るように指示。

宿から近いとはいえCBにTシャツに半ズボンという姿で現れたのには参った。

DSC03954_R
東尋坊も以前ソロで一度きたことがあるので個人的にはそれほどでもなかったが、福井に来たらやはり外せないスポットではある。

DSC03962_R
東尋坊付近の日本海は大荒れ。

DSC04025_R
ここまで来ればもう宿はすぐ傍。移動して一っ風呂浴びて宴会開始。

DSC04029_R
旅の疲れを仲間と癒すのは楽しいものだ。

DSC04039_R
いつ寝たのかわからない程疲れてはいたのだが、朝起きると隣で寝ていた友人から「抱きつかれた。二度とお前の横では寝ない」と宣言された。寝言の上に抱きつきまであるのかと思うと自分が一層嫌いになる。


2016.05.05 Thursday


朝食を取って記念撮影をしてここでマスツーリングの終了となった。

事前計画していた内容と若干違ってしまったが、スポットも90%以上も巡ることもできたし、天候にも恵まれたので何とか良いツーリングにできたのではないだろうか。

DSC04058_R
’05赤骨がようやく写真に納まってツーリングに参加した証ができた。

再会を約束してそれぞれが地元に帰っていったが、私はまだ更に走る予定があったので途中まで友人と北陸道を走り、上越付近で別れた。

また一人旅を再会することになる。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR