続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

福島キャンプツー ロングダートと宴の暴露で欝状態。

キャンプの翌朝は早朝練習とは決まっている。はずである。
丁度手頃なダブルトラックがキャンプ場の近くにあったので「あれ。走りたいですね」と前日話していたところだった。
昨夜のにしたってせいぜい11時頃までだろうし、ロングの疲れがあるとは言ってもぐっすり眠れば5時起きで朝練はできるはずだった。予定では。
RIMG0755_R
ところが夜中3時頃。ふとトイレに起きてテント内に戻ると携帯がない事に気づく。
2台持ちで常に腰から下げているのだが、その中に入っていないのには寝ぼけながらもがでる。
テント内を探そうと見回したのだが、まるでゴミ
(一番手前の左のが私のテント。なぜこんなに歪な形になっているのかは不明。多分ゴミ屋敷だから。)

使わなかったクッカー類にLEDランタン、シュラフは捲れかえりウェア類はテントに張り付くように除けられて放置され、食べた覚えがないスナック菓子の袋が散乱してる始末。
この中をゴソゴソと探し回るのだが見つからない。

携帯がなくなるのは非常にまずい。仕事も会社からの転送をほとんどこの携帯で受けているのでこれがなくなっては大変な事になる。
大抵こうゆう場合はマーフィー的な作用が働いて、特にどうでもいい方が先に見つかるもので、この場合も確かにそうだった。
通常完全ミュート状態にしてある個人用の携帯が先に見つかったのでこれを使ってIPHONEを呼び出した。
会社の転送を受けるような携帯なので、音量は最大、音源もできるだけ気づきやすいものに設定してあるので当然
呼び出してみるとすぐに鳴っているのがわかった。わかったがテント内がゴミ屋敷過ぎてどこにあるのかわからない。
場所がわからないから何度も鳴らすのは当然で、ゴッソゴソとテントをしてようやく見つかった。
朝方「この携帯の呼び出し音で起こされて眠れなくなった」というクレームがクマさん他数名から入ったが、オフをガンガン走ってテントで寝るような人種のにどんだけデリケートなんだよ、と。

或いは夜中いていたとか一部ブログに報道されていましたが、私、普通に大声でを言う人なので多分それかと。
は今までも過去大勢の方にご迷惑をおかけしてきたのでこれに関しては平身低頭、今後も含めて謝罪いたします。
謝罪はしますが治りませんので悪しからず。
0203
いずれにせよ、このすったもんだで朝練がに終わってしまったのはとても残念。
5時には一応ほとんど全員が起きたものの、朝練の気分ではすっかりなくなり朝食を食べながら帰路の打ち合わせ。
0211
せっかく福島に来たのだからとぽちさんは数本のルートを提案してくれそれを抜けながら関東方面へ移動する予定に。
この日は天候も相当回復してくれて気分も盛り上がる。

ところが林道状態はこの日も続く。
ぽちさんが誘導する全ての林道が閉鎖されているのだ。
0230
これにはさすがのぽちさんも閉口したようで、もうラスト一本を願うように進んでいく。
すると数km進むと案の定、で工事中。
RIMG0783_R
先にユンボが停めてあるものの先がどうなっているのか抜けられるのかもわからない。
一応歩いて下見はしたのだが、背に荷物を背負っていても何とか抜けられそうだと思い
した先から「行けるよ、おいで。GOGO」と合図を送っているのに渋って来ない面々。
「スコリア戦犯3人、おいどーした?」と誘っても来やしない。
いや。それより何だか戻る気満々じゃねーかと心配になって無理やりおいでおいでをすると、ようやく一人また一人と抜けてきてくれた。
後で聞いたがあのまま引き返そうかという相談していたというから本当に危ない。ちょっと目を放すと何し出すかわからない。
福島で置き去りしよーとすんじゃねーよ、と。
0279
その後は割とガレもあったがスムーズな方でこのフラットダートは何だか知らないが非常に良いペースで進めた。
どうゆうことだろう。
この後もう一本超ロングを走るのだが、その際はあまり乗れてないのが自分でわかったのだが、同日でもこんなにペースが変わってしまうことってあるのだろうか。不思だ。
それほど調子に乗って走りきれてしまう程のフラットダートだったが残り一箇所、道路がごっそり落ちている部分もゆっくりきちんと通過すれば問題ない場所で、全員がようやく林道完走完了。
RIMG0793_R
「あそこで引き返さなくて良かったよ、あなたのお陰だ。有難う。」の感謝の言葉一つ誰からももらえず次へ移動。

一旦舗装路に出ると金精峠経由で吹割の滝付近から超ロングダートがあるということで、そこを目指すのだが、ここからがまさしく
昨夜のの疲れに睡魔が襲ってきて、とにかく眠い。
RIMG0817_R
どこを走っても眠くて眠くて仕方がなく、途中の休憩場所など誰一人明るく振舞う者もいなくなった。
もうとにかく早く峠を抜けたい、眠気を取り除きたい、と思うのだがなぜかぽちさんのなのだろうか、この方なぜか「あと〇〇km位です」とか「今は〇分の△位まできました」とかすぐ言い出すのだ。
ここでも眠気最高なのに「あと50km位です。丁度あと1時間位ですかね」とか平然とぬかしやがったので、さすがに半ギレこいて「いらねえ情報ぶっ込んでくんじゃねー。気が滅入るっ」とついしてしまった。
0341
その睡魔の金精峠を抜けると丁度昼食のタイミングと重なったところで道路沿いの蕎麦屋さんに駆け込むことに。
確かざる蕎麦を頼んだのだと思うが、ここら辺は記憶が途切れ途切れ。
RIMG0825_R
なぜならここでかもねぎさんとクマさんからの事実を告げられたからだった。

蕎麦を頂いている最中に昨夜のの話になり「いや~ 昨日凄かったですね~ 覚えてます?」とニヤリ。
「ゼンゼンオボエテナイ」と言うとここぞとばかりに
本当にそんな馬鹿げたことするのか?と耳を疑うような、本当か嘘かわからないような、つまりはでそんな事やってたら最早それってキチ〇イじゃん的なレベルのオンパレードの数々。
それを聞いて完全状態。

マタヤッテシマイマシタカ ワタシ? 

聞けば聞くほど凹みまくり。

はい。正直に自己申告します。
私。酒にお約束通りに呑まれていきます。
酒と一体していく、といった表現のが正しいのか、或いはこれがという超常現象なのかもしれません。

20代の頃はこのがザラにありまして今ちょっと思い出しただけでもいくらでも出てきます。

朝起きたら自宅前に突然バス停が置いてあったり、小田原で飲んでいたはずなのになぜか気づいた時には仕事に向かうサラリーマンと一緒に満員の山手線を周遊しながらつり革に掴まっていたり・・・
真夜中に眠くて交番に行って、夜勤用の奥の畳で寝かせろとわがままを言い、勝手に調書を自分で書いて指紋をじゃんじゃん押して畳でゴロン。警察から自宅に連絡がきてなぜが友人が迎えが来たり・・・
寒くて起きたらなぜかテトラポットに寝ていて「そんなんじゃ死ぬぞ?」とそこで生活されていた人が、やさしく新聞紙をかけてくれたり・・・
知らないお宅の車のボンネットで全裸で寝ていたら、なぜかそこのやさしい住人家族が「しじみ汁、飲んでいけ」と一緒に朝食を食べさせてもらったり・・・
なんなら。気づいたらなぜか突然一人、駅にいたこともありました。

昔からのバイク仲間と飲む時は特に注意人物と特定されてきましたし、いくつかは未だに当時の事を語られるとひたすらしかなくなるような話もあって、これが私事じゃなければ「そんなヤツおらんやろ~ ぎゃっはっは」で終わらせられるのですが、それでもそれも数年前までの話。

今年のGWだってその仲間達とタコ部屋状態にして2泊しましたが「随分大人しくなったよね~」と誉められるまでになり、症状していたはず。
大抵の場合は酒と一体化しないように注意しながら飲むようにはしていたのですが「大人しくなった」という評価に安心していたのでしょうかね。
ヤスさんに抱きつき、クマさんに「東京のお前だっ」と叫び、かもねぎさんに「くそねぎ~! おるぁ」り倒し・・・

先週末もハックニー軍曹さんとは初対面のはずなのに・・・やっぱりり倒したらしく・・・ななよさんのおっぱいを揉みしだいてたらしく・・・

酒の量を制限すればいいのでしょうけれど、セルフコントロールは無理。飲んでも飲んでも美味いからまた飲んで・・・

この事実をかもねぎさんから聞かされたといったら・・・
この後の林道が乗れてなかったのもこのメンタル部分の影響なのかもしれませんが・・・
相当凹みまくりました。

いずれにせよ。
過去は過去。やっちまったもんは仕方ないとして今後は少し気をつけていかねばならない、と後半は反省を含めながらも前向きに考え続けながら走っていた次第。

さて。その後の吹割の滝付近からのロングダートは信じられない位の長さを走ることになるのだが、40km程あるフラットダートは本当に「もうお腹一杯」といいたくなる程。
0385
クマさんの目の前を小熊が遮って渡っていったのでそこで小熊の撮影会。
0412
少し先で休憩をとるものの、途中で案の定ぽちさんが「今はだいたい全体の・・・」などというから「だからそこっ。言わないっ」と静止するものの「あと1時間あれば抜けられるかなぁ」と。
言い方変えればいいってもんじゃねーんだよ、と。
IMG_2448_R
それはそれは長いダートを走り抜けていった。
こんな道、そうそうないのではないだろうか。走りきれた頃にはくったくた。

ダートを抜けてコンビニで小休憩を取ると丁度帰宅する時間となり、ここで東北道組と関越圏央道組とで分かれて離脱。
圏央道組は関越が渋滞しているのはわかっているのだが、東北道経由だと100%サウナループを通過せねばならずこれを回避する為に敢えての渋滞道を選択。

渋滞すり抜け中、途中でなぜかシオヤ君が戦意状態になり「先に行ってくれ」とクマさんに合図を送るのでクマさんと私はシオヤ君達と離れて渋滞を抜けていくことに。
シオヤ君。「走りでもしたのだろうか? 脱? それじゃあ徳川家康みたいぢゃあないかw」などと考えながらも、人のを詮索するのもあまりよくないと思って先に行ってしまったのだが、厚木PAで休憩しているとようやくシオヤ君グループも到着。

どうやら真相はサイドバッグがダートを走って留め具が外れて排気口を塞いでしまっていた為、排気不良に陥っていたらしい。
RIMG0837_R
相当を持ってしまったようだが、そのサイドバッグにはガス缶が入っていて「とても高温になっています」青い顔してたのだが、どうせならまでしてくれた方が記事としては成立するので、オチをつけてくれれば良かったのにと思ったのだが。

こうして。 それぞれが帰路について福島キャンプツーリングは無事終了。

参加のみなさん。お疲れ様でした。

酒は飲んでも呑まれまくるな。 肝にじておきます。
スポンサーサイト
No title
ぱるさんが盛り上げてくれたので記憶に残るキャンプになり 本当に感謝感謝です(^^) あの渋滞の中ガス缶爆発してたら違う記事にのってますよ^^; バッグ再起不能で違うの買いなおしましたので(涙) また信州方面など野営ご一緒してください(^^)v
[ 2016/07/25 18:21 ] [ 編集 ]
No title
そんなに過去の醜態晴らし良いのですか(笑 オリラジではないけど武勇伝だらけですね。 反省などせずに、(あ、してませんね(笑)これからもますます武勇伝に磨きをかけてね。 次回はパルさん主催のキャンツー楽しみにしてますよ。
[ 2016/07/25 18:57 ] [ 編集 ]
No title
呑むならとことん楽しく呑んじゃえ(^^)v いつまでもそのまんまのぱるしゃんでいてね(^^) ただ他のチームと呑む時は気をつけておくれ! TEAMDANGUN・・・こんなのしかいね~のかと二度と呼んでもらえなくなりますから(^^;)ww
[ 2016/07/25 19:21 ] [ 編集 ]
No title
シオヤ君 第一回目だから記憶に残るような楽しいキャンプになって何よりですね。 やっぱりバッグはダメだったよね?あの状態は酷かった。 クマさんのが欲しくて今吟味中。 真似すんなとか言われないかなぁ。 野営はやらん。
[ 2016/07/25 19:43 ] [ 編集 ]
No title
サンタカさん 主催は嫌いなんですよ~ 文句言われて感謝されず。 性格的に向いてないんですよ。多分w 誰かの発案に乗っかるのが楽で好き。
[ 2016/07/25 19:44 ] [ 編集 ]
No title
ムコさん 呑まれるタイプなのでいつも抑えようと思って。 土曜日のだって相当抑えていたはずなんだけどなぁ。 ハックニーさんのは本当に記憶がないやw
[ 2016/07/25 19:45 ] [ 編集 ]
No title
憑依したぱるさんがいてくれたこそ、 盛り上がって楽しいキャンプになったのだと思いますよ。 もしもぱるさんが静かだったら? 想像もつきません。(^^;) しかし、武勇伝だらけじゃね‼︎ ∵ゞ(≧ε≦● )ププッ
[ 2016/07/25 22:24 ] [ 編集 ]
No title
ムコ殿さんも居ることだし、12日も気にせずガンガン逝っちゃいましょう! シオヤさんがぱるさんOKなキャンプ場探してくれてるみたいなので期待しちゃいましょう!!
[ 2016/07/25 22:24 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさんこんばんは~^^ なかなかの武勇伝をお持ちですね~!(笑) まだまだ言えない事がでてきそう~。 このキャンプに参加していたらぱるさんに どういじられてたんでしょう(笑) ある意味気になります!^^
[ 2016/07/26 00:03 ] [ 編集 ]
No title
かもさん いっそのこと禁酒法でもできないとやめられないのでは?と思いますw 書いているとポロポロと思い出す事が出てくるのですが、断片的過ぎて・・・ まぁいつも悪いことしてないならいいやって思って割り切ってます;; 暑気払い・・・本当に大人しくしてないと・・・まずいなぁ~
[ 2016/07/26 08:15 ] [ 編集 ]
No title
ヤスさん だから煽るんぢゃね~よw 暑気払いが今から怖い;; シオヤ君。何か一考含みがありそうで怖いんだよね。あの人の提案w
[ 2016/07/26 08:17 ] [ 編集 ]
No title
旅好きさん 旅好きさんが一緒にいたら・・・ 正月3日の事をボロクソに言ってたかもwww いや。今思いつくような事は言わないよな~ って。 あなた酔わない側ですよね。 記憶にきちんと残されるのが一番困るです;;
[ 2016/07/26 08:19 ] [ 編集 ]
No title
怖いですねぇ~(^^; 怖いですねぇ~(^^; 怖いですねぇ~(^^; 恐ろしい武勇伝の数々で、前半の記事盛り上がりがスッ飛んでしまいました(笑) 12日は護送車用意した方がイイんじゃない(笑) キャンプツー楽しかったですね。 また行きたいです(^^)/
[ 2016/07/26 11:59 ] [ 編集 ]
No title
数々の武勇伝、キャンプの内容よりそっちが気になっちゃいます(笑) 中華街が怖いような楽しみな様な・・・(汗) 更なる武勇伝作らないでくださいねー
[ 2016/07/26 13:45 ] [ 編集 ]
No title
くまさん いやいやいやいや。だからさぁ これらは若い頃の話で今回は違ったでしょ~?という比較対象で出したわけで。 そっちに気持ち集中させてどうすん?w
[ 2016/07/26 15:40 ] [ 編集 ]
No title
haseさん だからっ それはずっと大昔の話で今はそんなことないよって事を強く言いたかったのに。 更なる武勇伝・・・作るかっ!
[ 2016/07/26 15:41 ] [ 編集 ]
No title
ななよさんのセローを駆る、よっしふみさん? 記事と関係ないコメで、すいません。 コードF、ですよね~!
[ 2016/07/28 07:40 ] [ 編集 ]
No title
チェローさん 練習していると、万事同じ事だと気づかされますね。 でも全然できない日、昨日より悪くなる日。こんなのがあるって事は全然完璧じゃないってことですよね。 力が入りすぎなんでしょうね。まだまだです。
[ 2016/07/28 09:21 ] [ 編集 ]
No title
おはようございます。 久しぶりにお邪魔していいっすか。 色々とお噂はうかがっております。 その場にいられなかったのが残念ですが・・・・・。 是非、次なる武勇伝を期待しております<m(__)m>
[ 2016/07/31 07:21 ] [ 編集 ]
No title
テツさん お久しぶりです。 いや。お恥ずかしい。 以後はなるべく大人しくできるように、心がけていきたいものです;;
[ 2016/08/01 10:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR