続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

コードFの挫折

一度位、ギターを弾いてみたいと思った事はありますか?

弾けるようになった方はまぁそうだよな、ときっと納得してくれる話。
それともそんな最初の頃の苦労はすっかり忘れてしまっている人も大勢いるかもしれませんが。

ギターが弾けるようになりたくてギターを手にしてみるもののコードが弾けなくて挫折した人も少なからずいる筈。
私も中学生の頃、ギターを弾けるようになりたいと思いギターを手にしたのですが、最初、壁になったのがコードFでした。

一番遠いフレットをハイコードのFまたはハイコードAで押さえてリズムを刻む。
原型はローコードのEまたはAなのだが。
これに人差し指でフレットを強制的に作り出してやらなければならないのだ。
ロックをやる場合はハイコードでリズムを刻んでくるのが多いのでこの2種類を覚えておくのは必須。
なぜかというと、ハイコードのGやらBやらCやらは全てのコードはこのFまたはA#のパターンであって、このFの抑え方を単純にフレット移動すれば、つまりはそれがコード進行となってしまい、あとはいとも簡単にコード進行程度なら何でもこなせてしまうようになるからだ。

これにせいぜいマイナーやらセブンスを覚えたりカッティングの技術をマスターする程度で、それもそれ程指の変化はない。
すぐにいっぱしのリズムギター担当になれてしまう。

よってまずはこのハイコードFをマスターすることがギターを弾く最低条件になってくる。
逆に言えばこのコードFを覚えさえしまえば、すぐにほとんどの曲は弾けてしまうことになるわけで、つまりコードFを頑張って粘って、音を出せるようになった時点でほとんどの人がギターが弾ける側の人にぐっと近づいていくことになる。

ところが。
このコードFを粘って頑張れず、結局弾けずに諦めてしまう人が多くいる。
最初は。
Fを抑えてもまず6音きちんと出るわけがないのである。
逆に弾ける側からすれば「すぐに音が出てたまるか!」と。

指の腹の硬さが音を出すのに影響が出てくるから、ギターを弾いたことの無い人の指の腹が硬いわけもなく、当然音が出るわけがない。
その次は5指で6弦を押さえる指の筋肉が付いていないこと。
ギタリストとマジシャンは薬指を動かす筋肉が著しく成長しているという。
そうゆう必要とする筋肉が付いていない初心者が最初から弾ける道理もない。
そこで練習を繰り返して、指が慣れ、少し筋肉が付き、そうしてようやく音が出るようになる。

弾けるようになれば、ひたすら弾き続ける。
ハイコードFがクリアできるようになるまでひたすら練習を繰り返す。
そうしてようやく音が出るようになったら、次にFから別のコードにスムーズに移る練習を繰り返す。
これが次の段階の練習。
そうしているうちにいつしか音がリズムになり、音楽になっていく。

フロントアップを繰り返し練習しているうちにどうもこのコードFの理論と全く同じような気がしてならなくなった。
フロントが上がるまで、何がどうしていいのかわからずひたすら上げようとするのだが全然できない。
ちょっと上がっても、どうして上がったのかわからずまた上がらない日々が続いたりする。
そこでいやになってフロントアップを諦めるか、または上がらなくてもひたすら続けるか。
ただその違いのような気がしてならない。

フロントが上がるコツが掴めると難なく上げることができる。
もちろん次の課題が出てくるのでまたそれが困難なので同じ事を繰り返すことになるのだが。
そうしているうちに、自然と力が入らなくてもフロントがポンと上がるようになるのではないだろうか。

コードFを弾くのにあれ程力を込めていたのに、弾けるようになると力などそれほど込めていない事に気づく。
フロントアップもあれ程力を込めていたのに、上がりだすと力など特にいらない事に気づく。

ギターが弾ける人。きっと納得してくれる筈。




こんな話を思い出した。

昔、同じバンドを組んでいたギタリストがとても上手で「どうやったらそんなに上手に弾けるようになるの?」と尋ねたら「わからない」と。
「じゃあどんな練習してるの?」と聞いたら、そばで聞いていたそいつの彼女が「この人、トイレにまでギター持ち込んでずっと弾いているので困るのよ」と言っていた。

どうやら。そうゆうことらしい。

最近、鱚さんと話していて「何か上手に上げられないよね~」なんてお互いに話しているうちに、そんなことをふと思いました。
鱚さんは「刺激を受けた」なんて言ってくれてましたが、とてもしてます。
何よりも「やらない言い訳をしたくない」と言ってた言葉。凄く響きました。
久しぶりにリスペクトしたくなるオッサンでしたw 同い年ですがwww

格好いいバンドのまねして猿まねして弾けたらいいな、と思ってずっとやってたらいつしか弾けるようになってた。
バイクもそんなものなのかもしれないなぁ、と。


できればみんなで上手になりたいじゃないですかぁ。
などと偉そうな事をつらつら書いてしまいました。すみません。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR