続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

奈良・伊勢へ

先週の休みはめずらしく14Rで出動。

IMG_3698_n.jpg

この季節になるともう朝も暗くて寒い。
酔った勢いでいつの間にか購入していたボスコムも装着したのでウィンカーが眩しく地面を照らしてくれて視界が良くなった感じ。
こうなったらもうしばらくオンロードとして14Rは乗るしかないかな。
だったらブレンボとオーリンズ入れるか・・・などと現在迷走中。

友達と合流してばびゅーんと一気に新東名を駆け抜けてみる。
ん~ 相変わらず高速移動は文句なしに楽。
いつもの第一休憩地点にしている浜松までそう時間もかからず到着w
そこから更に最近伸びた新東名から伊勢湾岸を経由して、まず目指すは針テラス
ここに来るのは2回目だけれど、いつも思うのだがここは一般道なのに物凄い勢いでみんな吹っ飛ばして、捕まらないのだろうかと思う。

IMG_3705_n.jpg

こっち方面の方はツーリングなどで集合拠点にしているらしく、バイクの数も多い。
針テラスではコーヒーだけ飲んで休憩おしまい。
本日の目的地の奈良はもう少し。
バイクを置いて観光したのだが東大寺やら正倉院は大混雑。

IMG_3756_n.jpg

東大寺と興福寺はまぁ抑えておかないと奈良に来たって感じしないから渋々と回る。

IMG_3721_n.jpg

鹿のクソ爆弾を避けながら歩くので地面をよく見ていないとあっと言う間にクソまみれになるので注意が必要。
鹿せんべいを鹿にあげながらサクサクッと回ってならまち観光へ。

IMG_3763_n.jpg

ここの町並を散策するのはとても楽しい。
京都のような人混みを見に行くような観光ではなく、閑静な町並をのんびりしたゆっくりした時間を味わいたい人向き。

IMG_3766_n.jpg

こ洒落たカフェなどが多数あって、それでも雰囲気を壊していないこの町並はとても良い気分にさせてくれる。
その後唐招提寺に立ち寄ってこれまた趣のある寺を散策。

IMG_3775_n.jpg

風情に浸りたいなら京都よりも奈良のが絶対オススメだと思う。
この日はここまでにしてホテルで酒盛りして就寝。 やはり疲れが出ていたのかあっと言う間に寝てしまった。
翌日は伊勢神宮へ。

IMG_3809_n.jpg

またもや外宮は端折って内宮へ直行参拝。
そして当然おかげ横丁で食べ歩きした。

IMG_3842f_n.jpg

伊勢うどんはやっぱり ぼにょぼにょで真っ黒なのだがこれはこれでアリだろうか。

IMG_3852f_n.jpg

前回来た時は食べられなかった豚捨コロッケとメンチも食べたがコロッケの方が断然美味しい。
更にオススメは写真におさめなかったがしょうゆソフトがとても美味しいので行った際は是非食べてもらいたい。
名前は伊勢醤油店だったか。おかげ横丁の端っこの方にあるので見逃しがちなのでよく探さないと見つからないかもしれない。

このソフト。今まで食べたソフトでも五指に入るかもしれない。
ちなみに個人的な№1はびわプレミアムソフトなので、これを以って個人基準の判定にしてもらいたいところ。

IMG_3824_n.jpg

おかげ横丁周辺は一箇所の店に入ってがっつり食事を取るより食べ歩き風にあちこちの店で色んなものを食べた方が断然楽しい。

IMG_3863_n.jpg

当然赤福おしるこも食べておかげ横丁散策は終了。

後は帰路へとなるのだがただ高速移動してもつまらない。
金額は高額だが敢えて伊勢志摩スカイラインを通って伊勢湾をフェリーで越える選択肢をチョイス。

このスカイラインは是非とも伊勢側から走るべき道。
スピードを出さずともジェットコースター感覚のように志摩の絶景大パノラマが目の前に開けてくるのでオススメ。
わずかな距離だが久しぶりにクネクネ道を堪能して満足。

鳥羽からは1時間足らずのフェリーが出航していて、愛知の伊良湖岬へショートカット。

IMG_3871f_n.jpg


このフェリーでの休憩がかなり披露回復に役立つ。
その後は少し下道を通りながら浜松から新東名経由で無事帰宅。
一泊にしてはちょっと詰め込み過ぎた感じもあるが、中々楽しめたツーリングだった。

ただし。関東からこの行程で行こうとするならリミッター解除されているものを用意しておくか、どこかを端折らないとならないと思われるのでご注意を。
スポンサーサイト
プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR