続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

地獄谷~渋温泉 一泊ツーリング 前編

かねてから企画していた温泉へのソロ一泊ツーリングへ行ってきました。

3月30日 午前5:45 肌寒さがある中出発です。 
CIMG9862_R






















直前の天気予報は
土曜日 曇り時々晴れ。 日曜日 曇り時々雨。
あんまりよくないですね~ それでも楽しみな温泉が待っていますので気持ちが高まっています。

御殿場付近は富士山が全く見えず仕舞い。 挙句に”キリ注意”の電光掲示板。
雨ではなく”キリ”のはずなんですが、この”キリ”もどんどん濃くなっていくと・・・
CIMG9867_R





















山中湖ICに入るとこんなになってしまいました。
こうゆう時に本当にトップケースは有難いですね~。
タンクバッグだけさっさと雨カバーをかけて再出発。

結局 往路はこの富士五湖道路だけ濃霧でしたが、次は中央道の寒さが・・・
中央道は割と標高が高く、最高地点で1000m超えしているのですが、そこでは2℃位しかありませんでした。
CBにも温度計が搭載されていますが、だいたい表示の2、3℃低いのです。
そのCBでも4℃表示。 相当の寒さでした。

途中諏訪湖SAで休憩。
DSC03037_R
















暖かいコーヒーを飲んで少し休憩。
ここから更に北上してまず目指すは超メジャーな「善光寺」。

午前10:30には到着しました。
寒いからでしょうか、時間が早いからでしょうか。人もまばらでした。
DSC03059_R















建物はとても巨大で圧倒されます。
DSC03069_R















善光寺の入り口では賑やかなお土産屋さんが立ち並んでいましたが、本当は「おたべ」を頂こうと思ったのですがどこも「まだ出来上がっていない」とのことで断念。

続いて下道を北上して小布施まで。
ここは葛飾北斎が晩年居住していたことで有名らしく、また長州の久坂玄瑞なども訪れた事もあるとのこと。
これは一度見ておかねば、と思います。
CIMG9877_R





















ここも土曜日なのに割と人出が少ないようです。まだ寒いから観光時期ではないのでしょうか。
事前情報だと辟易する程の雑踏になると聞いていたのですが、ガランとした感じ。
高井鴻山の記念館へ入ってみることにします。
DSC03113_R















ここが北斎が滞在した庵だそうです。
DSC03119_R















街自体がこんな感じで散策するにはとても気持ちいいです。 

散策していると丁度お昼になったのでここら辺で有名な「竹風堂」で栗おこわを。
CIMG9884_R





















DSC03153_R















ほっこりしていてとても美味しいです・・・が。

栗ご飯、私はあんまり好きではないことに改めて気づきましたw
甘さとボソボソした感触があまり好きではないのです。

DSC03203_R















すぐそばには有名なカブトムシのオブジェが。

しばらくマッタリとした後、翌日に予定していた地獄谷野猿公苑へ天気予報とにらめっこして、今日行ってしまうことに。

小布施からでも20分程度で到着です。

駐車場からは泥道を徒歩でひたすら歩きます。
DSC03214_R
















すると・・・
いましたw
DSC03270_R















めちゃくちゃ可愛いです。
DSC03309_R
















ここの猿たちは9時に山から下りてきて夕方5時までお風呂に浸かって、また山へ帰るそうです。
DSC03234_R
















人に慣れているのでしょうか。襲うこともしませんし、怯えたり牙をむいてくることもありません。
温泉に浸かる猿は、日本というより、世界でも稀らしく 外国人がたくさんいらっしゃっていました。
DSC03221_R















こんな愛くるしい猿なんてあまりいません。
もっとヤンチャで狡猾な猿しかイメージがありませんでしたので、何だかとても可愛くて仕方ありませんでした。

ここは本当に来て良かった場所でした。

さて、その後は いよいよ温泉宿へ向けて・・・ ですが 後編に続きます。
スポンサーサイト
No title
ぱるさんこんばんは 出発は天候に恵まれなかったようですね。 早速トップケースの良さが発揮されたようで^^ 僕と同じでもう手放せませんね。 長野方面も大丈夫のようで東北前にちょっと 行ってもいいかなって思いました。 千葉の時といい面白そうなポイントを いつも押さえられてますね。 楽しませていただいています! 温泉につかるお猿には見ていて癒されます。 次はどこへ向かわれるのか楽しみにしています
[ 2013/04/02 00:29 ] [ 編集 ]
No title
旅好きさん こんにちは 山中湖辺りではキリというより最早雨!にやられましたw トップケース、本当に最高ですね。 もう手放せません。 何より雨に強いのと、ポンっと何でも放り込んでしまえる強み。これは凄いです。 もっと大きな容量のモノが欲しい位です。 東北、狙っているんですね~ 東北はいいですよね。 何度行っても尽きない感激があります。 GWは三方五湖~竹田城跡を巡って一旦仕事して再度長野~群馬~山梨を徹底的に掘り下げて行こうと思ってますw いよいよシーズン到来ですね!
[ 2013/04/02 14:37 ] [ 編集 ]
No title
L'étude de la CSIE a montré que dans huit arrondissements de Londres le nombre de âgés de 5 à 15 ans élèves de l'enseignement dans des écoles spéciales a été supérieur à la moyenne nationale de 1,49 pour cent en 1992. Ce sont Lambeth (2,98 pour cent), Hackney (2.76), Wandsworth (2.47), Hammersmith et Fulham (2.29), Southwark (2.1), Kensington et Chelsea (2.09), Greenwich, (2.06) et Sutton (1,94). Tous sont parmi les 20 LEA au Royaume-Uni avec le plus d'élèves dans les écoles spéciales.
[ 2014/09/17 10:33 ] [ 編集 ]
No title
Oh, géant ! j'adore !! quelle histoire ! quand j'étais petite je lisais des histoires de tableaux nettoyés avec une demi patate crue qui laissaient apparaitre des tableaux de maitre en dessous !
[ 2014/10/09 03:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR