続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

Every road mean nothing without us. 001

この3連休。 とにかく危惧していたのは天候状態。
初日は良いとしても後半は一泊ツーリングの目的地が何をどうひっくり返して見ても大雨予報。
こんな時の為に3つ4つ用意してある各天気予報アプリのうち、ユーザーの願望を反映したアプリに一番信頼を寄せるものなのだが、全部アウト。完全にアウト。逃げどころがない。

ここまで雨確定予報されてしまう時はソロツーリングだったら速攻目的地を晴天予定地に変更してしまって「俺の晴れパワーに勝るものはないのだ。わはは」などと身勝手な自己完結をしているはずなのだが、今回はそうもいかない。
マスツーリングだから宿は既に抑えてあるし雨が嫌だからって急に「いや。仕事が入っちゃって・・・各々方、かたじけない。楽しんで下され」などと言おうものなら「てんめぇ 天気予報見てキャンセルって言ってんだろ!?ざけんなよ!」と総袋叩きにされるのは予想に容易い訳で「まぁ 覚悟して行きますかぁ」と雨具に重点を置いて準備を進めることに。

さてその連休初日の15日はというと地元は最高の天気。
例のツレが少し時間が空いているという事で「暇か?」と誘うと「暇。温泉でも行ってリフレッシュしてえぞと」の返信。
ところがいざ出かけようとするとで脳がやられてしまっているのか突如「この灼地獄の中に温泉入る意味がわかんねぇ」とキレまくられて却下。
「お前が言い出したんだろうがっ」というツッコミはやめて、確かに仰る通りと急遽を求めて箱根へ移動することに。
IMG_7737_n.jpg
空と緑がとても濃い。

IMG_7736_n.jpg
千石原も夏。

「箱根来たなら去年復活してからまだ行ってないアソコへ!」と大涌谷へ一路向うもあの一本道を車で向かったら地獄の大渋滞が待っているだろうと安に予測できたのでここはを変えてロープウェイで登る事に。
IMG_7744_n.jpg

何だか最近はバイクのみではなく様々な移動手段で違った角度からアプローチして今まで見聞きしてきたものを見るのもまた面白いものだと感じているところで、確かにロープウェイなどで大涌谷まで行った事がないものだから中々楽しめた。
ツレには「前にロープウェイで来たことがある」と言いながら偉そうにあれこれ解説していたのだがそこはどうも記憶違いのようで桃源台からのロープウェイは初めてだったようだ。
一体どこと勘違いしていたのだろうか。ハテ。
IMG_7752_n.jpg
未だ火警戒レベルが高いからなのか、ボワボワと吹き出す蒸気を見ながら楽しむ散策道は閉鎖されてしまっていたのだが、きっちり温泉玉子と黒ソフトは食ってミッションクリア。
IMG_7760_n.jpg
ベロがくなるソフトは普通の味で、どちらかというと後で見つけた玉子ソフトのが美味しそうだったかな、と。
しかもこの黒ソフト。ソフト製造機から妙に固めでメリメリと出てくるので何だか印象も悪いw

それでも箱根は大涌谷ルートがセットになっている方が一級観光した気分になれるものかもしれない。
桃源台からは海賊船も出ていて箱根の雰囲気がとても良く味わえる。

いきあたりばったり観光にしてはとても楽しいイベントとなった。
その後下界へ降りて小田原漁港で海鮮食べるか迷ったが、結局はかまぼこ工場の目の前の食事処でビール飲みながらビュッフェ式の昼食を取ることにしたのだが、地元住民からするとこうゆう所はあまり立ち寄らないのでこれもまたかえって新鮮に感じたものだった。
IMG_7798_n.jpg
またもや飲んだった・・・許してくれ。

IMG_7805_n.jpg

この日はこれにて解散。 翌日からは久しぶりのオンロードツーリングということで帰宅して準備にとりかかる。
とは言っても先に言ったように天気予報は雨
準備にも気持ちが入らず乗ってこない。乗り切れない。「だって雨なんだもおん」と自らがただ無謀な事にチャレンジしようとしているさまは我ながら滑稽にしか思えず、さながらロシナンテに跨って風車に突進するラ・マンチャの騎士の如き気分になった。

ただまぁ 天候はツーリングする身にとってはそれほど気分が左右されるものでもあるのだが、それはそこ。もう割り切って考えるしかあるまい。
久しぶりに会う仲間と一泊宴会付きツーリングとなれば、これまた走って飲んでができるわけで、それをほぼメインに据えてしまえば雨もまた楽し。そう思い込む事にして「酒飲んで酔いまくったる!」で良しとすることに。

待ち合わせは翌朝 6:00頃に双葉SA下りとはなっていたのだが、ご多分洩れず例によって浅い睡眠から2:00起床。
今更二度寝したところで今度は遅刻するであろう事は容易に予測可能、ならばと3:30に出発。
P7160001_n.jpg

真っ暗の中にキーを入れて明るく映し出された液晶メーターを見るとオドメーターは3500km前後。
去年末に購入してから半年。
これほどオンロードを走っていなかったこともここ10年で珍しい程で、もっとオンロードも走って日本中をツーリングせねばなどと考えながら小田厚~圏央道~中央道へ順調に移動。
P7160004_n.jpg

のんびり流しながら談合坂で朝食を取っていると「現在厚木PA~」と合流組のムコさんとイチさんも早々の出発をしたようで、双葉SAでは割と早めの合流完了。
P7160007_n.jpg

「最近オフ車で山でしか会ってねえから何か新鮮だな」と挨拶しながら2人はここで朝食を取って3台体制になって一路松本ICへ向かって出発。
松本のコンビニで新潟のホワイトさんと富山のカキさんと無事合流していよいよツーリング開始。

今回はカキさんが能登半島を案内してくれるとあってこちらは何の準備もせず任せっきり。
ゆえに何度も何度もLINE「待ち合わせ何時にどこっすか?」と問い合わせる度に「だから何度も言ってるだろうがっ!」と半ギレされる始末。
だってLINEってコメントにしちゃうと流れていってしまって読み返しが面倒だから・・・ノートにしてくれと頼んでも誰もやらんし・・・LINEの機能、知らないのか? オヤヂ連中のグループLINEは殆どコメントのみ。スタンプ率もかなり低いからただの掲示板を読んでいる気分になるw

無事5台が合流してここから一路能登半島へ向けて出発することになるのだが、一番危惧していた雨雲レーダーを見てみるとお約束の能登半島は予報。
特に昼から夕方にかけてもかなり強くやられる予報で「雨が。ねぇ」と憂鬱な顔をしていると、案内人のカキさんは平然と「降らないよ。降ったことないもん」と全くの根拠なし発言。
「いや。希望的観測はいらんがな」と雨具をいつでも出せる準備をしようとしても「ダイジョブダイジョブ。降らないから」とポジティブなのか○○なのか、意味不明な「降らない」確信の一点張り。
雨雲レーダーが嘘をついているわけもないだろうし、一週間前からずっと2日間は大雨と確定されているのに・・・と思いながら松本~安房峠~R471~R41と富山へ抜けていくのだが、何だか不安をよそに一向に雨が降る気配がない。
P7160026_n.jpg

雨雲レーダーは確実に雨を捉えているのになぜか走っているところだけは雨が降っていない。
「何だか雨雲が割れてる感じだな・・・」という感覚に一同「もし本当にこのまま降らないようなら、このオヤヂ『モーゼ』と呼んでやる!」となり、この日のうちにカキさんはモーゼオヤヂにNH強制変更。
P7160040_n.jpg

実際この後本当に不思議な事に走っている所を避けるように雨が逃げてくれた感じで、ほんの少しパラッとやられた場所はあったが、これも「暑いからねぇ ミストだよ。これはミスト」で済ませられてしまった程度。
結論から言うと結局初日に時間帯によってはどんよりした雲が空いっぱいに拡がった場所もあったのだが、晴れ間がでたりと大雨の心配どころか雨具を着たのもほんの一瞬。
二日目に至っては完全に快晴状態となり、こうなるとモーゼカキさんの手柄じゃなく、本当は自分が超晴れ男なんじゃないかと各々が錯覚仕出し「晴れは俺のお蔭」とどいつもこいつもが名乗りはじめるようになり出し、終いには「いや~ 晴れて気持ちいいねぇ 俺のお蔭で」と、何でも会話の最後に自らの晴れ男主張を挟み込んでくるようにすらなるさもしい心が垣間見え始めた。

さて。能登半島は何度か来たことがあるのだが、今回は反時計回りで入ってまずはカキさんの自宅近くで富山ブラックを昼食にすることに。
DSCF0047_n.jpg

魚の出汁が良く利いてて独特の風味で美味しかった。
ただ黒いとね。食欲的にはどうなのよ、という感は否めず。慣れなのかな。
「これでもここのお店はまださっぱり系なんですよ~」と説明を受けて富山食の懐はまだまだ推し量れないところにあるものだと実感。

昼食を取った後は海王丸パークの前にそびえる新湊大橋へ。
恐ろしい程巨大な大橋は走ってみる価値は充分にある。
P7160058_n.jpg

眼下に海王丸や射水の町並みを見下しながらの走行は爽快そのもの。
P7160059_n.jpg

一旦橋を降りて海王丸の前で撮影するのは定番で、定位置にバイクを付けてみた。
DSCF0055_n.jpg

14Rの時もここで撮影したなぁ
DSC03525_R1.jpg

その後未だ未踏の能登大橋からツインブリッジへ。
ここもまた走りごたえが充分あって楽しめる。
何より能登は連休中であってもそれほど交通量が多い訳ではなく、快走できるのが魅力の一つかもしれない。
P7160073_n.jpg

更に東海岸を北上し続けると珠洲市に入る。
ここはソロでもマスでも何度も来た事がある軍艦島。
この日は波も弱く海水浴を楽しんでいる人々もいた。
DSCF0060_n.jpg

更に狼煙方面へ進んでいくと有名なランプの宿へ。
去年来た時にはなかったようなオブジェがたくさんあり、かなり観光地化してきた感が。
DSCF0069_n.jpg

この時点で17時過ぎ。
朝3:00出発の身にはこれが限界といったところか、宿へかけこむように戻ることに。
チェックインを済ませると部屋は3部屋ぶち抜きの大部屋へご案内。
荷物整理を済ませて近くに温泉があるということで行くのだが、なぜか宿から提供される9人乗りで移動。運転手は客のカキさんw
DSCF0076_n.jpg

タイヤが畝って今すぐ外れるんじゃねえのかと心配するほどのガタが来ていたがこれで温泉とコンビニを移動。
DSCF0077_n.jpg

塩味のする温泉にゆっくりと浸かって心も身体もリフレッシュ。
とっとと風呂から上がったムコさんと俺はのんびり湯に浸かってる連中が待ちきれずに。
「飲んじまうか!」と自販機の缶ビールで乾杯!
これがマジで旨かった。 

その後風呂から全員出てきたところでコンビニまで出向いて買い物を済ませ、宿へ戻ると宴会が開始されて夜は更けていく事になる。
スポンサーサイト
お疲れ様でした!
おはようございます!
先日はありがとうございました(^^)
前日はまたまた相方さんと箱根だったんですね!
それもまた運転させてひとりで飲んでるし・・・(^^;)w

北陸の一日目は雨がどうなるかと思ったけどモーゼオヤヂのお蔭?で何とかなりましたね!ww
まだ行ったことのないとこばかりだったので全てが新鮮でしたよ!
ふろ上がりのビールは最高に美味かった~!
忘れられない味になりましたよ(^^)
[ 2017/07/19 07:47 ] [ 編集 ]
おはようございます
連日黒いもの食べてますね~
どっちも気になります
日曜は所どころ雨雲出ていましたがさすがモーゼオヤジ(笑)
走った後のビールは最高、しかも旅先で頂くのは格別ですね
[ 2017/07/19 10:33 ] [ 編集 ]
Re: お疲れ様でした!
ムコさん

お疲れ様でした。
初日は本当に雨モードでしたから。カキさんのモーゼパワーに感謝ですね。

あ。やっぱりムコさんもそう感じた?
あの風呂上りのスーパードライは。
とてもじゃないけど缶ビールとは思えない味でしたよね~w
最高に旨かった!
[ 2017/07/19 16:18 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます
haseさん

黒いもの。そうですね。喰ってましたw

いや~ これから走る場所を都度スマホで確認するものの、絶対雨! なのに走ると降ってない。
マジですげぇと思いましたよw
俺一人ならザーザーやられていたことでしょうw

あのビールはですね。
缶ビールだったのに特別な味がしましたよ。
んまかったぁ
[ 2017/07/19 16:20 ] [ 編集 ]
これは、不思議な力か?
ぱるぅさん、こんばんは~。

箱根も、たまーにロープウェイで行くと新鮮ですよね。規制解除後はまだ行けてないので
そろそろ行きたいですね~。
これだけ、雨にやられるずに済めばみんな自分に不思議なパワーでもあるんじゃね?
って思いたくもなりますね。カキさんはその自信がどっから来るかは、さっぱりですが(笑)
[ 2017/07/19 21:15 ] [ 編集 ]
Re: これは、不思議な力か?
うにおーさん

箱根もたまーにロープウェイで行くと新鮮です。

雨とか晴れとかに関しては。
本当はどうなのか、はかりかねます。
[ 2017/07/20 09:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR