続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

SNSの価値観。

      

  •   タグ:
     [ 2017/08/07 19:28 ] つぶやき | TB(-) | CM(-)
かなり以前より他のSNSにも触手は伸ばしたものの、ツイッターやFacebook、mixiやらインスタも割と苦手。
このブログをご存知の方とも他でたくさん繋がってはいるが、ほとんど他のSNSでは発信していないのはご存知の通り。
何ならLINEグループですらすぐに退室やら離脱を繰り返す始末w

理由は至って単純で、発信先が広過ぎる事かと。
ムダに広くて別に知って欲しくない人にまで何かを伝えたい訳でもなく、寧ろ超単一指向的。
ならばそんな情報伝達手段に頼る必要もない訳で。

故にSNS的発想が欠落しているというのか、現代の能動的情報発信不適格者なのか、知人友人のごく小さな輪に対してのみ発信して満足している程度で、年賀状やら暑中見舞いといった季節のご挨拶に毛の生えた程度の生存確認に生活の一部を付加して情報提供するレベルでしかないので、多くの人に自分の何かを知ってもらいたいという考え方がまるでない。

だから、当然いい加減な投稿内容にもなるし、見る側に想像をたくましくしたところで当然筆者の性格やら性質などよく存じ上げて下さる方が見ているのだろうと思えばこそ発信内容も気楽なもので済まさせられる、というメリットすら生まれてくるのは願ったり叶ったりというところか。

という訳でお気楽な感覚で毎度記事を気分次第で挙げている次第。
今後も生活スタイルや発信内容が現在と大きく違ってくるようになるのなら、これまた気分で他に開設したり、閉鎖したりと、それも気の向くままでよかろうかと。

とはいっても過去にも何度かブログを意図するものと違ってきたという理由から閉鎖をした事がある経験者としては、今となってはあの時はどんな事を感じていたのだろうか、などと思ったりもする事はあるもので、たまに読み返してみたいものだなどと自らキューバ危機のごとく「一発消去」のボタンを平然と押した身ながら無責任に思うこともあるのである。
事実直前のブログも内容は消去はせずに保存してあるのはその経験からにもよるのだから、その猿並みの学習能力から考えても結局は自身の軌跡であるのだから、保存しておいて損はあるまい。

いずれにせよ、ブログという存在は誰のものでもなく、自分の自己満足の為に発信しているのだから思うように書いておきたいと思うものである。
スポンサーサイト
プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR