FC2ブログ

大返しツーリング

もう。どうとでもしてくれって感じ。
GW前半というか初日は、まさしくDANGUNツーリングとなってしまった。

突然 思い立ったように夜MT09トレーサーで飛び出して出発。
さほど渋滞にも合わず順調に移動完了。

初めてきてみたけど時間的に到着が早朝過ぎたみたい。

DSCF2745_R.jpg

DSCF2740_R.jpg

ま、当然この手の感じで商いはなされるのでしょうね。
討ち入りに集まったのは江戸だったはずなんだけど、まぁ 観光地的には食べておいてみたくなりますが開店前。

今回は大橋を通過して上陸するのではなく、余裕をもってフェリーで寄り道して移動してみることに。

DSC07423_R.jpg

立ち寄り先の小豆島はわずか一時間で上陸できるそう。

DSCF2771_R.jpg

DSCF2764_R.jpg

いつでもフェリーは旅情があって本当に楽しい。
それでもGW本番はやはり後半なのだろうか、車もバイクも乗船した数は少なく快適そのもの。

大部港に到着して、まずはこの島のほぼ中心にある寒霞渓へ向けて走るのだが、ちょっと大型バイクではきついヘアピンカーブの連続でうんざり。
大きなバイクに不慣れだったりする人にはあまりこのルートはおススメできないかも。
実際、フェリー同乗のバイクも西側から回り込んできたようだった。
セロー道かよって位の、時折狭路になったり落ち葉があったりもしたが、それでも右手に山間、左手に瀬戸内海を見ながら走る道はとても気持ちが良くてテンションが上がったりもする。

DSC07463_R.jpg

寒霞渓山頂では せっかくだから かわら投げでもしておけば良かったかな?
ロープウェイもこれからバイクで向かう場所にわざわざ乗って行っても仕方がないのでパス。

DSC07465_R.jpg

遥か彼方に・・・小豆島町。更に霞んで見えなかったがあっちに今回の目的地があるはず。

DSCF2780_R.jpg

DSCF2785_R.jpg

小豆島町へのんびりと下っていきながらマルキン醤油記念館へ立ち寄ってみることに。
ここは醤油の町らしく、あちこちに醤油蔵が軒を連ねていた。
醤油ソフトを食べてみたりして。

ここからわずかの場所にこの島では有名な映画村があるので時間的に余裕があったので行ってみる事に。
修学旅行で来たことがあるはずなのだが、全然覚えてなかった・・・

DSC07492_R.jpg

DSC07513_R.jpg

昔見たことがあったような気がするのだけれど、もうすっかり忘れてしまっていた「二十四の瞳」のオープンセット。
昭和の雰囲気がたっぷりあっていい雰囲気・・・

DSC07523-2_R.jpg

何これ? 
船の停泊時に繋ぎとめる・・・アレ? にしても巨大過ぎる。

調べてみたら「ボラード」というらしい。
このボラードのオブジェで「愛のボラード」というそうで、何でも繋ぎ止めておける、という意味を込めて芸術家が作成したもののようです。
などとのんびりツーリングを満喫しながら更に海岸線を移動して小豆島の南岸を西へ向かっていく事にしてみる。

と、まあ ここまではとっても順調だったのに。

DSCF2798_R.jpg

オリーブ園に到着した途端、お客さんから電話が入り・・・嫌な予感的中。
「工場の下水道工事業者さんがさ、穴掘ってたら警報幹線40P×2本を思いっきりぶっちぎっちまってさぁ。すぐ直してくれ~」と。
「えええええ。いやいや。すぐは無理ぽ。」と言ったところで会社の他の人間も能登やらあちこちに出かけていて戻って来られる状態にない。

仕方なくツーリング途中で切り上げて速攻で戻る事にしてもここは離島。
フェリーの出発時間を逆算してこれだけは見納めておこうかと立ち寄ってみたけれど。

DSC07533_R.jpg

エンジェルロードは潮で塞がれてましたとさ。
何かの呪いか?www

諦めきれないところに更に別の案件で小学校の教頭先生から電話。
「何かベルが鳴ってる~ すぐに来てくれ~」と。
「あ~ とにかく急いで駆けつけても夜中になりますよ~」と緊急対応だけ口頭で済ませて処置。もうどうにでもしてくれ、と。

四国上陸しての讃岐うどんは諦めることにして、一番早いフェリー乗り場を探し飛び乗って本州へ戻ることに。

DSCF2803_R.jpg

往路で到着した大部港は14:30発のフェリーしかなく、思い返してスマホで確認すると近くの福田港からすぐ出発する姫路行きフェリーがあると知って突っ走って到着。
出航15分前でギリギリセーフ。
13:15分発のフェリーに飛び乗って1時間半かけて姫路へ。

DSCF2809_R.jpg

姫路からは高速へ乗ってやけに綺麗な高速道路だし、今迄通った記憶がないと思ったら開通したばかりの新名神だった。
これで宝塚の慢性渋滞は解消されるのだろう。

途中で体力も遂に尽きてアンプルを投入。 マジで効いた。
それにしてもガソリンの給油のみの休憩なしでも人間本気で帰ろうと思えば帰られるもんなんですね~

心配していた渋滞もなく、トレーサーにも頑張ってもらったおかげで中々早めの夜には無事帰宅完了。
速攻仕事へ。

DSCF2811_R.jpg

結局はただの小豆島DANGUNツーリングになってしまった。
とんぼ返りとしては自己最高記録更新の一撃1200km

別に主君が討たれた訳でもないのだけれど、中国大返しならぬ小豆島大返し。
バタバタしてしまったけれど、小豆島の目ぼしい場所は回れたのでまぁ ギリギリ満足といったところ。

map_R.jpg
スポンサーサイト
自営業の辛いとこやね(^^;)
おはようございます!

ツーリング先でお客さんからの緊急呼び出し・・・テンション下がるよね(^^;)
しっかし小豆島を日帰りで往復って凄すぎだよ(^^;)ww

でもいいとこだよね!小豆島!
何はともあれ無事の帰宅で良かったよかった(^^)v
[ 2018/04/30 09:10 ] [ 編集 ]
凄すぎる!
まさにDANGUN!
自分には想像できない距離ですよ。
日帰りが可能なんですね、でも自分では絶対に無理だなぁ、そんな根性無いわぁ。
仕事だからそんな弱音は言えないか(^^ゞ
無事カエル良かったです、それにしてもホント凄いです。
[ 2018/04/30 20:53 ] [ 編集 ]
おはようございます!
関西からでも小豆島の日帰りだと丸1日かかるところを
神奈川からの日帰りとは仕事とは言え凄いです!
それでもしっかりポイントを押さえられてるところは
さすがです!
次回、機会と時間があれば夕暮れのエンジェルロード!
素晴らしい景色なので見てもらいたいです^^
[ 2018/05/01 09:04 ] [ 編集 ]
こんにちは
1200km日帰り(汗)
しかもフェリーも乗ってですよね(汗)
弾丸すぎです…
それでもギリギリ満足のレベルまで観光出来たんですね
無事カエルお疲れさまでした
[ 2018/05/01 19:29 ] [ 編集 ]
Re: 自営業の辛いとこやね(^^;)
むこしゃん

お客さんから今すぐ何とかしてくれっ と連絡あった時は目の前真っ暗になりましたよ;;
GW初日でこれかよっ!って 滅入ってしまいました。

ま。でもギリギリ小豆島巡りもできましたし、無事帰って来られたので納得することにしました。
1200km往復。すっごく疲れましたがw
[ 2018/05/03 04:53 ] [ 編集 ]
Re: 凄すぎる!
クマたん

セローだったらお尻が120回割れてたと思います。
高速移動がそれほど苦にならない大きなバイクというのはこんな時大いに実力を発揮してくれます。
乗用車ではここまで機動性は得られませんから。

仕事なので仕方ないですが、四国上陸目の前にして うどん食べられなかった事だけは悔やまれます;;
また再挑戦したいと思っていますw
[ 2018/05/03 04:55 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
旅好きさん

まさかとんぼ返りになるとは思ってもいませんでしたが、まぁ 仕方ありませんよね;;
本当なら四国にわたってうどんを食べてのんびり帰路につく予定でしたがそれが叶わなかった事が少し残念です。
それでも宝塚の付近に開通したばかりの新名神を走れて渋滞が全くなかったのはラッキーでした。

夕暮れのエンジェルロード。見てみたいですが一人でボーっとしていたら不審者扱いされますね、絶対w
[ 2018/05/03 05:07 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
haseさん

体勢が楽ちんなトレーサーとはいえ、それでもシンドカッタですよw
フェリーだと時間が決まっているので、慌てたって船は出ませんから半分開き直って残りの観光ができたので それはそれで良しとします。

無事に帰れてホント、良かったですw
[ 2018/05/03 05:10 ] [ 編集 ]
まさに弾丸!
せせ、1200kmを日帰りですと〜?
信じられません。まさに弾丸!(^^;)
京都で八つ橋喰って日帰り〜ってのを聞いた事はありますが、
小豆島巡りを日帰り〜は、私の知ってる限りでは最長距離です。
やっぱすんげ〜な、ぱるさんは〜。(^^;)
仕事じゃしょうがないけど、ご苦労様でした。
[ 2018/05/03 10:09 ] [ 編集 ]
Re: まさに弾丸!
かもしゃん

まぁ 成り行きで1200kmになってしまったわけですが、自分でもここまではやったことなかったのでびっくりですよ。
復路はさすがにうんざりしてきましたが、今後の良い経験になるでしょうかね?w

いやいや。もっとゆっくりツーリングは楽しみたいものですよw
[ 2018/05/03 19:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR