続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

三連休を駆け抜ける その2 野沢温泉~

さて夕方 濃霧の県道を怖々逃げるように走り、ようやく辿り着いた温泉。

またしてもI-PHONEナビがトンデモ案内してくれて、急勾配の坂を下って右折を要求。
無理やり進んで行くと立て看板に「急勾配。右折要注意!」と;; 車でもシンドい訳ですからバイクは尚更です。
DSC06414_Rしかもそこは温泉地メインの湯畑(麻釜)。写真手前から右に落ちるように下らなければなりません。
観光客が多いのでそれを避けながらの下り右折は本当に気を使いました。ここが一番シンドかったかもw)

何とか下りきって宿へ無事到着。
CIMG0855_Rすぐにチェックインを済ませます。
バイクも屋根がないながらもシャッター奥(軽トラの奥)に停車させてもらえました。。

ここからは旅情気分に浸って、ツーリングの疲れを癒しながらゆっくりのんびり温泉散策です。
DSC06383_R温泉は急勾配のすり鉢状の町並みで、共同浴場が13も点在する割と大きな温泉街です。
表現が難しいですが草津のようなメジャーっぽさではなく、落ち着いたホッコリした温泉街なのですが、かなり大きな規模なので、その町並みを散策しているだけでもかなり楽しめます。

まずは先ほどの麻釜をじっくり観光してからメインの大湯へ行ってみます。
DSC06379_Rこんな風に街中に点在するお湯を巡るのが野沢温泉の楽しみです。
しかし・・・お湯がい;; 普段から自宅でも43℃位で入る熱湯好きの私ですが、それでもこれは熱すぎです。
足をちょっと入れるとまるで熱湯のようで、その中に大勢黙ってみなさん入っているので我慢して入るしかなさそうです。(本当はお水でうめてもいいそうです)
ぬる湯とあつ湯がつの浴槽に分かれているのですがもちろんぬる湯でも充分熱いです。(あつ湯には誰も入っていませんでしたw)
真っ赤っかになりながら大湯を堪能して、他にも近所のお湯を3つばかり堪能してみましたがどれも違ったお湯でとても楽しいです。
CIMG0924_R何よりこの硫黄臭がとてもいいです。 大湯以外は以外と人が少ないので好みの温度までヌルめてしまい、気持良く浸ってきました。
温泉を巡っては街を散策して・・・と繰り返し・・・
CIMG0885_R
旅情気分がいやでも上がる街並みです。
CIMG0861_R合計箇所も湯巡りをしてしまいました。
DSC06415_R麻釜(メイン湯畑)では各宿がお客さんに提供する温泉卵を何度も作りにきていました。

さて温泉ですが、私個人でも割とあちこち温泉地を巡って参りましたが、過去の記憶の中でもかなり上位にランクインをする程気に入った温泉でした。
どうやら私は渋温泉、蔵王温泉など巡りができる温泉街が大好きなようです。街を下駄を鳴らしながら湯巡りをし、お店でちょっとしたまんじゅう等を食べ歩きながら散策・・・
CIMG0914_Rこんなスタイルがたまらなく好きです。
草津のようなメジャーな温泉街も好きですが、こうゆう風情たっぷりの温泉は本当に心を癒してくれます。

この日はお宿で採れたての野菜とお米を美味しく頂いて就寝しました。

さて。翌朝はすっかり疲れも癒されて、宿から「があるから是非行って見てください」との事で早速散策。
DSC06365_R大勢の方がお土産の野沢菜などを買っていましたが、私はバイクなので採れたてのれたて野菜ジュースを頂く程度で留めておきます。
DSC06363_R色々なモノが売っていました。
DSC06362_R朝も再度温泉にかり楽しんできました。
特に朝入った真湯がくて良かったですね。
CIMG0942_R地元の若いお兄さん達が数人入っていたのですがこれがまたいw
ひーひー言って足だけかっていると「どうぞ好みまで水じゃんじゃん入れてくださいね。ここアッツイすから」と気さくな感じでとても気持ちいい印象。
しかも何だかお湯の中に湯花と共にこのお湯だけ柔らかいのような、不思議なものがたくさん源泉から入り込んでくるんです。しかも硫黄臭も強めなのでしょうか。とても気持ちがいいです。
CIMG0946_R目一杯温まってホッカホカになったところでです。
CIMG0952_Rさて温泉を満喫した後は今日の晴天を確認して、昨日のリベンジではありませんが再度ツーリングマップルで紹介されている走路、長野新潟間を駆け抜ける県道95号へ向かうことにしました。

スポンサーサイト
No title
ぱるさんこんばんは ^^ 野沢温泉いいっすね~。 僕も好きな雰囲気の街並みです。 食べ歩きもいいですね。 料理も美味しそう。 熱いお湯が得意ではありませんが硫黄臭は大好きです。 僕も行きたくなってきました。
[ 2013/10/18 01:14 ] [ 編集 ]
No title
旅好きライダーさん いらっしゃいませ 野沢温泉は散策するのには最高でした。 温泉街で一泊というのはとても楽しめて、ツーリング気分を更に盛り上げてくれました。 要注意といえば お湯が熱すぎということでしょうか。 ちょっと信じられない位の熱さなので足湯ですら入れないお湯がありましたw
[ 2013/10/18 07:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR