続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

三連休を駆け抜ける その3 新潟北上~三国峠越え


ちょっと長くなってしまいましたが、あと2回位で仕上げたいと思っています今回のツーリング。
初めての場所が多いのでやっぱりここはじっくり書き上げていきたいと思っています。

さて翌日は温泉を後にして新潟県境を目指します。
通常ならR292、または経由で北上するのですが、今度こそな景色を見せてくれよぉ~・・・の思いでツーリングマップルに従ってみることにします。
CIMG0956_R朝から晴れ渡った一面の青空させてくれます。
期待に胸を弾ませながら~新道95号を開田峠方面へ登っていきます。
高度が上がるほどに色使いやかな秋の山が気持ちよく道を案内してくれます。
あまり産業道路としての活用もされていないのでしょう、たまに交差する車ものんびりした感じで後続もなくとても気持ちよく走れます。
CIMG0960_R開田峠頂上
DSC06439_Rここでしばらく写真撮影を行っていよいよ新潟北上をします。
実は新潟は南魚沼や清津峡位しか行ったことはなく、まるで未知の世界です。
ここは一つ、高速道路を使わずに一般道で北上できるまでしてみようと試み、県道30号をひたすら走り続けてようやく海岸線へ。
CIMG0991_R目的は米山という場所にあるフィッシャーマンズケープ
海鮮モノがたくさんあるらしく、道の駅よりこちらに立ち寄るべきという事前調査でこちらへ。
たくさんのが販売されていたり食べられたり・・・
じっくり見て回ってまずは貝の串焼きを頂くことに。
CIMG1004_Rとても美味しいです。
それでは・・・と海鮮丼でも頂こうかと思ったのですが、思う以上にお客さんが満席;;
時間を待つべきか悩んでいましたが、ふと温泉のお宿でおかみさんが出がけに持たせてくれた自家製おを思い出して、これを頂くことにしました。
CIMG1011_Rお、しい・・・ めっちゃしいです・・・
採れたてのお米を飯にしてくれ、野沢菜、それに生姜、胡桃が散りばめられていてこの食感が更に食欲をソソリます。
それをつもパックに入れてくれてあって、しました。 ごちそうさまです。

さて、この時点では少しが多くなっていたのですが、この先はまた天候が回復するそうなので奥にある人岬まで足を伸ばしてみることに・・・
DSC06487_R綺麗な日本海にうっとりです。
DSC06492_Rしかし・・・途中でバイクを止め徒歩で岬まで向かう途中は全部カップル
一人で歩いているのが恥ずかしくなり、なんだか馬鹿馬鹿しくなって引き返すことに。

ここからは海岸線を軽く北上しながらちょうどいい時間になったら今日の宿地の群馬を目指すことに。
ツーリングマップルを見るとすぐ行けば柏崎のすぐそば。
CIMG1023_R可能な限り近づいてみようと試みますが、入り口で厳重な警備に断念。(奥が厳重な警備でしたw)
それにしても原発から30km圏内立ち入り禁止、なんてことになったらとんでもないことになる事をこの柏崎の街並みを走るだけで一目瞭然でした;;
都市を放棄しなければならなくなるのです。それだけは回避せねばなりません。
間近でを見ることだけでもとても勉強になりました。

更に北上し走る海岸線はR352
CIMG1017_Rもうすぐ脇が荒々しい日本海でして、このシーサイドラインが延々続くのです。しかも交通量がとても少なく快適。
もう曲がらないと・・・もう群馬に向かわねば・・・なんて思いながら走るのですがあまりの気持ちよさについつい北上を続けてシーサイドを満喫してしまいました。
CIMG1070_Rこんな海岸沿いの古い町並みなどを走るとさらに気持ちがいいです。
日本海の荒々しさはあるものの絶好のツーリング日和でとても美しい日本海海岸線を走ることができました。
CIMG1046_Rあの奥の建物はどうやら釣り場らしいです。こんなのがいくつもありました。
CIMG1052_R日本海の真横を走り抜ける爽快感。

結局寺泊まで北上してここの魚市場の賑わい渋滞を回避するのにようやく群馬方面へ向かうことに決心がつき、右折。

途中、国上寺という場所に大きな吊橋があるということで立ち寄ってみることに。
有名な吊橋らしく観光客も割といらっしゃいます。
DSC06503_Rここからだと長岡方面ができます。
DSC06524_Rさてここから南下して今日の宿泊宿まで向かうことに。
時間も時間なので長岡ICから関越道に乗り、一旦湯沢で下ります。
今日は谷川岳付近なのでそこまでに走ってしまえばいいのですが、今日は何だかまだまだ走りたくて走りたくて仕方ありません。
湯沢ICで一旦下りて国道17号で三国峠越えをします。
CIMG1100_R
反対側から来たのでわかりませんでしたが、ここは苗場へ通じる道だったんですね。
CIMG1097_R目の前に草色の苗場スキー場が出てきてはじめて気づきましたw

しかしさすがに雪国。夕方になって段々と寒さが増してきて三国峠付近では10℃位。
遂にグリップヒーターの登場です。
私のグリップヒーターはデイトナ製なのでホットグリップが正式名称なのですが、独自で取り付けてある電圧計を装着したお陰でどの位の電力消費がされてるかが一目瞭然なので、バッテリー上がりにとても役立ちます。

ちなみに段階ありますが
1番目に熱いので約12.8V
2番目に熱いのが約13.0V
3番目に熱いのが約13.2V
4番目に熱いのが約13.4V 0.2Vずつ消費電力が違うようです。 私のCBは通常ライト点灯走行時で14.0Vですからグリップヒーターを一番消費量が少ない抵抗で使うだけでも0.6Vは消費してしまうことになりますから、他に電力確保をしている場合は注意が必要かもしれません。
もっともメーカーオプションのものだと自動で電圧が下がったらスイッチを切ってくれる優れものもあるらしいですね。

さてようやく宿に到着。
CIMG1108_Rここも宿温泉という温泉地なので3つ位共同浴場がありますが、随分小ぢんまりした小さな温泉街で、お店なども一切なく少しさびしいたたずまいとなっておりました。
しかし今日のこの宿を選んだ理由は翌日ある所を目指すためなので特に文句はありません。

それでもここも熱い温泉ですので体を癒すのには不便はありません。
共同浴場をつ巡りゆっくり体を休めることができました。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR