続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂 その1

今年はといえば、今の今まで週末は小さい仕事やら日曜日指定の仕事やら様々な予定が綺麗に入ってしまい休めずにバイクに乗れず終い。
お陰で根性が完全にひん曲がってしまい、毎週末が近づく度に「晴天ばかりのツーリングよりも雨に降られるツーリングの方がきっと記憶に残るだろうから」などと勝手に雨を祈願しつつ過ごす日々。
ところが今週はようやく巡って来た連休。となると話は違う。
一転して晴天を祈る我が儘ぶりは致仕方なし、といったところ。
「土日晴れんでどないしよるん」
と大声で言えば、きっと関西の方から「それ、関西弁ちがいますやん」と突っ込まれそうな発音をしながらも晴天を期待。

ところが因果応報とはよく言ったもので、そんなに都合よくいくわけもなく、これで「晴れた!」とでもなるのなら「俺様こそ晴男と崇めよ」と大慢心男が出来上がってしまうであろうことを見越された怪しい天気予報。
それでも日曜日はまだしも土曜日は何とか雨から逃れられそうな場所があちこちに。
何とかこのタイミングでせめて日帰りツーリングをしたい、と狙いを定めたのが伊豆地方。

実は都内か伊豆かどちらかを狙っていたのですが、この2つに絞った理由は単純。

1つは比較的近くて日帰りには持って来いの場所であり、行きたい場所が多く存在するから。
もう1つが重要。
実はもし「尊敬する人は誰ですか~?」と聞かれたら「高杉晋作先生です!」と即答してしまう程の高杉晋作傾倒者なんです。

もしも高杉晋作がいなかったらきっと租借権を巡って彦島は香港のような植民地になっていた事は間違いないだろうし、何よりその生き様を初代総理大臣伊藤博文を以てして「動けば雷電の如く、発すれば風雨のごとし」と言わしめた奇才。
その高杉晋作が「先生」と呼んだ吉田松陰先生。
松下村塾門下生が徳川幕府に終止符を打ち明治維新へと向かわせた中心的役割である事は疑う余地がないところである。
その吉田松陰が今年の大河ドラマで描かれているわけですので毎週楽しみにしてはいるのですが、どうも個人的に表現方法がちょっと気に入らないw
まぁ 松陰の妹 文 を中心に描かれているので仕方がないのでしょうが、ちょっと不満ではあります。

それはさておき 2007年に念願の松下村塾のある萩城下へ行ったのがもう8年前。
CIMG0390
感激のあまり涙が止まらなかったのを思い出します。
CIMG0399
当時はまだアメリカンのSHADOW750でした。

その吉田松陰がペリーの黒船に乗船祈願をしたのが下田。
当然下田には様々な足跡が残っていますので、今回はそれを訪ねていくことにします。
DSCF3724_R
出発は7:00
まずは海岸線からひたすら下道を使って下田までノンストップで。
唯一トイレで立ち止まったのは白浜付近。
DSCF3749_R
遠くに白い砂浜が見えるのが伊豆白浜。
アップダウンの高低差がある気持ち良い海岸線はこの日は交通量が少な目で割とスイスイ進んで9:00には下田に到着。
下田のセブンイレブンで遅い朝食を取って、まずは蓮台寺という場所へ向かいます。
DSCF3759_R
少ない案内を見落とさないようにソロソロと進んでいくと・・・ありました。
DSCF3762_R
吉田松陰が村山行馬郎という医者に匿われた宿。
ここで黒船乗船の書を認めたという硯や机などが拝観できます。
DSCF3774_R
凄いです。現物です。
DSCF3779_R
寝起きをしていたという2階は1室のみ。
ここでどんな事を考えられていたのでしょうか。
DSCF3790_R
地面より低く造られている温泉。
100円の拝観料でしたが沢山の説明などをして頂いてとても勉強になりました。

さて続いては海岸線へ出てみることにします。
DSCF3805_R
黒船密航を企てようとしたすぐ傍の三島神社に銅像がありました。

DSCF3811_R
道路反対側の弁天島はまさしくここから密航を企てた場所そのものです。
結局ペリーに返されてしまうのですが・・・
そこから下田方面へ戻っていくとDSCF3816_R
こちらにも宿をとったそうで記念碑が残っていました。
すぐ傍の了仙寺では日米協定が結ばれた場所もありました。

さて。時間もそろそろお昼近くなってきたので下田でどこか美味しいところでも・・・と思ったのですが、ウェザーニュースを見ると何だかよろしくない天気予報に変わってきているので、早めに北上しようと試みて一気に沼津まで向かう事にします。
沼津漁港といえばブロ友さんの旅好きライダーさんがよく行く場所を狙ってみることにします。

スポンサーサイト
No title
ぱるさんこんばんは~^^ いよいよ!始動でしょうか。 「 土日晴れんと、どないすんねん! 」 ちょっと意味合いは違うかもしれませんが 僕はこんな感じです(笑) 歴史探索ツーもいいですね~。 幕末になるとリアルに当時の物が残っていたりするんですね。 僕も日曜は伊豆に下田方面に行こうと思ってたんですが 河津桜の渋滞に恐れをなして行けませんでした。 平日に行ってきます! 帰りはお気に入りのところで昼食かも^^
[ 2015/03/16 00:43 ] [ 編集 ]
No title
おはようございます! いよいよ始動ですね!バイクも久しぶりだったんではないですか? 実は先日行った鎌倉の瑞泉寺も吉田松陰ゆかりのお寺なんですよ! 時間見て探訪するのも面白いかもしれませんよ!
[ 2015/03/16 07:58 ] [ 編集 ]
No title
早速始動しましたね。 歴史探訪いいですよね。 実は私も大河ドラマ見てますが いつも取り上げられた地へ行きたいと思いながら なかなか行けてないところがあります。 松下村塾は遠い昔行ったことがありますが 黒船来航の地はまだ行ってません。 去年伊豆を回ったとき行くのを忘れていました。 今年はまた伊豆へ行きたいので寄ってみます。 旅好きさんに案内してもらおうかな。
[ 2015/03/16 10:33 ] [ 編集 ]
No title
大和魂を感じる歴史探訪ツーリング、、ばるさんらしい(*^^*) 三月天気が悪かったのはばるさんの念力がだったのですね(^◇^;) いよいよ、バイクシーズン始動ですね(^◇^)
[ 2015/03/16 16:57 ] [ 編集 ]
No title
旅好きさん やっぱり怒るんじゃないですかwww ま、でもこんな週末じゃ怒りたくもなりますよね~ 河津桜はもう葉桜になっていて割とすいていましたよ。 これからはソメイヨシノ前線が混雑予想になるんでしょうね。
[ 2015/03/18 07:46 ] [ 編集 ]
No title
ムコ殿さん 関東にもかなり足跡が残されているのでまだまだ楽しみがあって嬉しいです。 セローが到着しちゃってそっちに夢中になっちゃって、更新遅れてます;;w
[ 2015/03/18 07:47 ] [ 編集 ]
No title
かきさん いつか伊豆に来られる時はタイミングが合えば私も参加したいです。 ツーリングって景色と歴史と道路と空気と、何でも楽しめるからやっぱりいいものですよね~
[ 2015/03/18 07:48 ] [ 編集 ]
No title
CATBIKEさん ようやく季節が到来しましたね。 でもまだ三寒四温なんて言って寒い日も来るらしいので天気予報のチェックが大変です;; これからは週末晴れるのを願いますよwww 
[ 2015/03/18 07:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR