続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

足柄峠と東京ビッグサイトと白銀林道で。

先週の土日は土曜日が晴れで日曜日が雨の予報。
これほど恨めしい週末のぐずつき天気は、今年辺りに強烈な雨男がライダーになったのではないか?とすら思う程。

春の天気は気まぐれとはいえ、ここまで週末に雨を当てて来られるのはちょっと困る。
しかも土曜日こそ晴天の下思いっきり走れると算段していたのに、仕事の予定が入っていたことを忘れており。
何とか午前中12時ギリギリで終わらせて、セローで出撃中の娘を追いかけて御殿場へ。
免許取得以来3週間の新米ライダーの現在の状態を確認すべく、遅めの昼食を取りながら軽いツーリングへ。
まずは腹ペコだったので、楼蘭という中華のお店で石鍋チャーハン牛肉あんかけを頂くことに。
IMG_7365_R
注文して熱々の石焼にお焦げの味付きご飯と餡が別々に運ばれ、テーブルで一気に餡が流し込まれるパフォーマンスはとても楽しい。
IMG_7367_R
しばらくグツグツと沸騰する餡を眺めながら香りを楽しみます。
IMG_7368_R
頃合いを見てお店の方がお焦げをまぜてくれ、「お召し上がり下さい」のGOサイン。
とても美味しい。 1600円とちょっとお高めだが、これはおススメ。
DSCF4021_R
小ぢんまりしたお店だがお客さんもたくさん来ているところをみると、口コミやらネットで人気があるのだろう。
腹も満たされたところで、一般道から山中湖へ抜けてパノラマ台へ。
DSCF4033_R
逆光気味だったが巨大で綺麗な富士山を自力で見られる感動はやはり格別なもののようで、三女も大喜び。
DSCF4036_R
その後そのまま小山へ抜けて足柄峠を下って地元へ帰るが、案外乗りこなせているようでホッと一安心。
足柄峠の強烈な坂道ヘアピンはいい練習場所になっているらしい。


さて日曜日は天気が悪くなるのは予め覚悟していたのでこの日はバイクに乗らずに東京ビッグサイトへ。
車で向かったのだが、バイクでやってくる人達のまぁ多い事。
事前に入手してもらっていたチケットで早速入場。
DSCF4055_R
ストライカー隼。 これは雑誌でもよく見かけます。
DSC01754_R
一番欲しかったのはこれ。 今一番注目しています。
もう、とっても虜です。
DSC01758_R
BMWブースも賑わっていました。
特にこの巨大なモビルスーツには誰もが釘づけ。
私も跨りましたが正直金さえあれば間違いなく次はコレになります。ないのでなりませんが。
DSC01773_R
そして注目のH2
個人的には興味はありますが乗りたい衝動はなく。
恰好良いんですけどね;; SSはもうお腹一杯感があるのは歳だろうか?
トコトコ走る方のが楽しみを感じる・・・

この日のモーターサイクルショーはこの後オーリンズTシャツを購入しておしまい。

翌月曜日30日は仕事をこなして・・・こなして・・・ 午後・・・時間がちょっとできたので! 
ようやく本気モードでセローに跨ることにします。
ハンドルガードは既に交換済。
DSCF4107_R
まずは地元の山道を通りながらセローの調子をみつつ進み・・・
DSC01789_R
地元の桜並木はまだ3分咲き。
今日狙うのは神奈川で有名な白銀林道。その前に給油をば。
DSCF4109_R
箱根湯本R1は月曜日というのにかなりの混雑大渋滞。
お目当ての道路は湯本手前から旧道に入った先。目印はこれ↓
DSCF4145_R
旧道を元箱根方面に進んだらここを左折します。
しばらく苔付舗装路を進んでいくと・・・DSCF4111_R
どうやらここからが本当の白銀林道のよう。
この林道も分岐があちこちあるので何度も迷走してしまうので覚悟が必要。
DSCF4114_R
この交差している下の道路はターンパイクらしい。
更にここを進むといよいよ未舗装路に突入。
DSCF4119_R
わずか数キロとはいえ初心者には丁度いい距離。
DSC01798_R
楽しい。こんなに楽しいのか。未舗装林道。
CBではこうはいかない。
ズルリと滑っていくうちになるほどこんな風にするといいのか、と学習していく喜び。
この林道は最終的には椿ラインの途中に出るらしいのだが、今日の目的は少し手前。
そこはいきなり出現する。
DSCF4133_R
彼方に広がる相模湾が一望できる公園。
その中にある・・・鐘。
DSC01820_R
友逢の鐘というらしい。
DSC01824_R
とりあえず横にある紐を思いっきり引っ張ると・・・
コカーン コカーンととんでもない大音響が響き渡る・・・
幸い誰もいなかったので良かったがこれは勇気がいる鐘の音の大きさだ。 注意が必要。
DSC01805_R
ここから一望できる真鶴半島と更に伊豆半島までもが綺麗に相模湾に浮き上がる。
DSC01815_R
これは必見。
さて、帰路は一旦湯河原に下りて根府川から再度林道に上がり箱根湯本に戻る。
DSC01838_R
箱根湯本の桜は満開。
DSC01843_R
たくさんの観光客が見入っていました。
DSC01847_R
ここ通ると意味もなくここで撮影してしまう・・・
今度 エヴァの箱根補完マップを手に入れて走ってこようか。

それにしてもセロー250
DSCF4137_R
どんな道でも途中ですぐに反転させられるし、それは上り坂だろうが下り坂だろうが狭路だろうがほとんど道を選ばない。
試しに内緒で階段下りを試してみたがいとも簡単にやってのけてしまう走破性にまだ見ていない無限の可能性を感じてしまう。
ちょっとした細い道でも入って行き止まりでもUターンすればいいだけなので何の迷いもなく突き進んでいける。

お陰で地元なのに知らない道をいくつも開発してしまった。

日本中を走り尽したいという願望をCBである程度喜びに変えてもらい、今度のセローでは知らない道を突き進んでいく喜びを教えてもらえそうな予感。

今日だけでも何度かコーヒーセットとテーブル、カップ、バーナーだけでも積んでくれば良かったと何度も思ってしまった。

それだけ魅力一杯のバイクに巡り合えた気がする。
ケツは痛いけどね。
スポンサーサイト
No title
ぱるさんこんばんは~^^ オフ車の走破性に感動されたようですね! 本当に面白いですよね~。 身軽で道を選ばないオフ車は こかしてもバイク、精神的にもダメージはありません(笑) 前に言っておられた林道がこれだったんですね! 豪華な「 友逢の鐘 」これは一度見てみたいです! 地元でも知らないところが出てきたので参考になりました^^
[ 2015/03/30 21:40 ] [ 編集 ]
No title
旅好きさん 本当は時間が合えばXRとご一緒。とか考えてもいたのですが。 下見もしておかないと迷って終っちゃうの嫌なのでwww 友逢の鐘は帰路は海岸線でも引き返しでもどちらでもまだまだ楽しめそうなのでおススメです。 オフ車。やばいですってwww まじで。 細い道をスッと入れる喜びがタマりません。
[ 2015/03/30 21:59 ] [ 編集 ]
No title
おはようございます(^^) 今年辺りに強烈な雨男になったライダーでごぜ~ます(笑) オフ車楽しんでおられますね~(^^) その白銀林道は私も何度もユーチュブで見て頭に叩き込んだ林道です! ぱるさんに先越されちゃいました(笑) 私もそうですがオフ車の軽さと扱いやすさを一旦味わってしまうとどこでも行けてしまうんではないかと錯覚しちゃいますよね! 今度はコーヒーセットとラーツーセット積んで出かけましょう! 何だか茨城の大旦那もオフ車ゲットしたようだし、チーム弾丸で林道ツーリングなんてできるかもしれないですね(^^)v 親子でツーリング・・・羨ましく拝見しましたよ(^^)
[ 2015/03/31 08:47 ] [ 編集 ]
No title
ムコ殿さん いやはやこの週末雨集中は本当にライダー泣かせですよね。 今週もですよ? ありえんです。 白銀林道は数キロですが未舗装があって景観の素晴らしい場所もありますので是非とも。 コンロやら積載するとなるともう少し大きいトップケースに交換しようかな、と思います。 娘は無理せず車が突っついてきたらウィンカー出して譲っていたので大丈夫そうでした。
[ 2015/03/31 14:18 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさん、こんばんは 娘さんと親子ツーリングだなんて、夢のような世界。うらやましー(^O^)我が家は200バーセント無理〜。 オフ車の魅力満載ですね。また詳細紹介しますが、私も脇道、細道、林道を気がなく走りたいのでオフ車ゲットに踏み切りました(≧∇≦) いつかご一緒できるといいですね(^O^)
[ 2015/03/31 19:39 ] [ 編集 ]
No title
catbikeさん 電撃結婚のようなネタにみんな驚かされてましたね~w 詳細は追って教えて下さいね。楽しみにしています。 ほっそい道に入って「やっぱりやあめた」と軽く反転できる魅力は計り知れません。 ちょっとここ入ってみよう、で新たな冒険が始まるのでCBなどと全く異次元の楽しみ方ができます。 是非一度そちらにもセローで行こうと思います!
[ 2015/03/31 20:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR