続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

妙義山~ビーナスライン~清里 一泊ツーリング その2

CIMG7732_R
安曇野の朝、セルフGSで満タンにすると なぜか支払いの時に「遠方からですか?」と聞かれ「はい」と答えると割引対象に。 わずかでもこうゆうのって嬉しいですね。

ここからは松本へ一度出てから県道67号をビーナスライン方面へ向けて走っていきますが、道が狭い&霧がどんどん深くなってきて 一人だと心細くなります。

ビーナスラインに合流した頃にはもう すんごい霧で5m先まで見えませんw
CIMG7738_R霧の駅付近にて

のらーり くらーりと移動しながら霧の駅まで何とかたどり着くと、やっぱりここら辺はライダーや観光の自家用車でいっぱいです。
CIMG7751_R白樺湖を望むパーキングにて

そこから いつもならビーナスラインをそのまま下って中央道に乗って帰るのですが今日はちょっと寄り道してR299の麦草峠を目指します。
ここは日本で二番目に高所の国道峠らしくw 一度は走ってみたいと思っていました。

しかし・・・道、悪いです。
地震などの影響もあるのでしょうが、補修舗装路が延々と続き、たまにバイクごとボコッともっていかれる程の衝撃を受ける路面・・・
ちょっと僻々してきたところでようやく麦草峠です。
ここら辺に来ると路面も少しよくなってきました。
CIMG7761_R麦草峠にて

CIMG7760_R

その後下りながらレストハウスふるさと まで 晴れ間が徐々に出だしての快適走行です。
CIMG7762_R
CIMG7764_R

CIMG7770_R

ところがここで思わぬアブの大量発生にたかられ・・・w 
CIMG7773_R

すかさず退散です。

CIMG7781_R

CIMG7782_R

その後、松原湖からR141を南下し清里へ。
CIMG7799_R

CIMG7806_R

さすが避暑地だけあって、お洒落な町並みです。
たくさんの観光客も来ていました。

そこから小淵沢へ向けて移動して 県立まきば公園で休憩。
CIMG7819_R

レストランは混んでいたので外の売店でまきばバーガーを購入。
これが美味かった!!!
CIMG7815_R

かなり大きめのバーガーは是非おすすめです。

その後中央高速の渋滞が激しいとの情報を入手したのでそそくさと小淵沢から高速移動。
CIMG7829_R

富士山も雪がなくなりましたね~ 地元じゃないと 雪かぶってない富士山に納得してくれない人、多いですがw

CIMG7830_R
帰りは須走からすぐに渋滞回避路を使ってR246のベリックアウトレットにちょっと寄り道して帰宅。

708km

路面にちょと不満が残った印象のルート選択でしたw


スポンサーサイト
No title
ぱるさんこんばんは。 いやぁ~ビーナス→麦草峠→ふるさと までは全く同じコースです。 僕は佐久の方へ抜けました。 前回のブログのコメントの続きですが 八王子で降りてもよかったんですね。 須走からの超~渋滞は正直心が折れました。 次は足柄峠もいいかなって思いました。 暑かったと思いますが充実したツーリングでは なかったでしょうか? お疲れ様でした。
[ 2012/07/17 23:42 ] [ 編集 ]
No title
旅好きライダーさん 麦草峠は少し狭かったのとビーナス側からの登り途中は道が補修跡でボコボコしてましたね~ 須走からR246は迂回しないと渋滞するとバイクでもすり抜けできないので大変ですから、すぐに迂回路を使って車が少ない道を選ぶのが良いと思われます。 御殿場ならどこからでも辿り着けますので。 暑かったですが、やっぱりツーリングはいいですね。 旅好きさんもお仲間と楽しまれたようですね。 私は今年の夏はお盆過ぎに東北を狙います。
[ 2012/07/18 09:44 ] [ 編集 ]
No title
Le résultat (à voir en 3D, tant qu'à faire), à mi chemin entre animation, images de synthèse et film classique, est époustouflant de vérité, de poésie, d'étrange beauté. Au point que, malgré la faiblesse du scénario, les deux heures quarante minutes (!) du film passent en un clin d'il.
[ 2014/08/08 18:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR