続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

セロー250で伊豆大島ツーリング 004 帰路へ

お鉢巡りをした後は本当はあじさいレインボーラインへ下りる予定がなぜか岡田方面にでてしまい、仕方ないので例のごとく時計回りで泉津の方へ。
国定特別天然記念物の桜の株を観たくて探したのですがどうも見当たらず。
今度は反時計回りで泉津付近の海岸へ一旦出てみます。
DSCF4847_R
丁度秋の浜というダイビングスポットに出たようで、ダイバーが潜っていました。
DSCF4838_R
ダイビングもかなり人気のようで賑わっておりました。
次に一旦元町まで戻り、サンセットパームラインを通りながら美味しいと評判のぶらっとハウスのソフトクリームを食べに向かいます。
DSCF4854_R
まだサンセットには遠かったのですが、野田浜では海面に照らされる陽の光がとても綺麗でした。
DSCF4862_R
途中迷って椿畑の作業道路を横切ってしまったりもしましたが、気持ち良すぎです。
DSCF4877_R
やっと到着したぶらっとハウスはお休み。
DSCF4872_R
日曜日の夕方は大抵のお客さんが船で出航してしまった後になるので閉店していて食べる事ができませんでしたが、代りに傍にいた牛達が人懐こく近寄ってきました。
その後のんびりと元町へ戻り今日泊めさせて頂く椿山さんへ。
DSCF4878_R
ネットで予約したすぐその場で、すぐに椿山さんから電話を頂きまして「本当なら27年3月までで終了した一泊3千円復興応援割引が28年3月まで延長になったので必ず観光協会で申請してきて下さいね」と案内を頂きました。
お陰様で9千円の宿泊費用が6千円でした。とても親切な宿で快適に過ごさせて頂きました。
DSCF4886_R
これ、夕食です。伊豆大島の民宿でも1、2を争う美味しさだと評判だけあって、本当に美味しかった。
朝食もたっぷり食べられるのでこれで割引が効いて6千円は安い。

この日はGW直前ということで私一人の宿泊だったのでのんびりさせて頂きました。
お風呂も入りましたがもう既に2回温泉に入っているので頭だけ洗って終了。
その後は一人ビールで乾杯して、持ち込みOKとの事だったのでちかくのストアで買い込んで呑んでいたのですが、流石に4時起きでずっと走り回ったり歩いたりしていたので午後7時は知らぬうちに熟睡に入ってしまいました。
翌日は6時起床。
伊豆大島は船が当日の港の波や風を見て 元町港か岡田港に決定するのですが今日は元町港出発とのこと。
7時に美味しい朝食を頂いてバイクの引き渡し時間13:00までたっぷり遊んで来ようとはりきって出かけます。

まずは三原山登山道路を通って東側へ出ます。
ここで昨日走りそびれたあじさいレインボーラインへようやく入る事ができ、天然記念物の桜の株も発見。
DSCF4930_R
おおこれが大島のサクラ株か~ なんていい気になって写真を撮っていたらその奥が本物でした;;
どうりで小さいとオモッタ;;
DSCF4936_R
これがそれですね;; ハズカシイ;;
続いてはまたしても昨日遊びまくった裏砂漠へ再チャレンジ。
DSCF4602_R
もう楽し過ぎて楽し過ぎて。中毒気味になっておりました;;
ただ余裕をかますとすぐにスタックしたり吹っ飛ばされそうになります。
帰り直前だし、よく考えれば月曜日だったので周遊道路はほぼ車の往来ゼロ。
万一があってはまずいと自制してのんびり景色を楽しみながら走りました。
DSC01997_R
この後、アジサイレインボーロードを戻り、交通量の少ないのをいいことに反時計回りで市街地以外を思いっきり気持ち良く走り抜けて周回。 一気に走るとそうとうな時間短縮で伊豆大島は廻れてしまいます。
この後バイクの運搬手続きを済ませて、今度はべっこう丼を頂く事に。DSCF5003_R
こちらは早朝から営業しているので船で到着してすぐに食べられる方もいるようです。
DSCF4998_R
これが伊豆大島で有名なべっこう丼。 美味しかったです。
お店の店主が色々とお話をしてくれて楽しかった~

その後乗船まであとわずかな時間があるということで最後に温泉に入ろうと思い、近くの元町浜の湯さんに行ったのですが、営業は13:00~だと告げられましたが、「もう掃除も済んでるからいいよ」と気持ち良く入る事ができました。
ここは混浴ですが水着を貸してくれるので安心です。
DSCF5012_R
白い湯の花がたくさんついていました。
ポカポカになった体で、いよいよ乗船。 伊豆大島ともお別れです。
DSCF5050_R
13:30出発で17:00には竹下桟橋に到着しました。
そこからまっすぐ無事帰宅。
DSCF5152_R
全行程で457.4km そのうち自宅から竹下桟橋までが約70km。往復140kmを差し引くと317kmが伊豆大島での移動距離でした。
多分4周位はしたと思うのですが、たくさんの見どころがある伊豆大島は機会があれば是非行って欲しいと思いました。
とにかく島民の方が優しいですし、バイクを持って行っても行かなくても楽しめるとてもいい所でした。

来年3月まで宿泊割引制度があるのでチャンスがあればもう一度行ってみたいと思います。
特に裏砂漠は今度は数台で行ってみたい思いが強いです。
あの、裏砂漠のその先まで行ってみたかったという後悔が少し残っています。

とても楽しい二泊三日の船旅でした。


ちなみに5月3日は島根からの友人を迎撃しながらビーナスから野沢温泉
4日は飛騨高山~飛騨古川の街並みと飛騨牛を堪能して、5日は郡上八幡を廻って帰る予定です。
そして6日はteam dangunの伊豆ツーリングとこれからずっとバイクに乗った生活になりますwww
スポンサーサイト
No title
こんばんは~(^_^) いや~!全てが本当にいい(^_^)v 宿に温泉にグルメに地元の方々とのふれあい…連休が取れない私にとっては全てがいい(*^^*) もう羨ましいの一言です(*^^*) あぁ~右腕か欲しいわ~(T_T) 連休おきをつけて楽しんできて下さい(^_^)v
[ 2015/05/02 21:00 ] [ 編集 ]
No title
いやー、全てがいいですね〜〜。よだれ垂らして読んでます。行ってみたーい( ´ ▽ ` )ノ 今度はロングツーリングですね。お気を付け、完全運転でお願いしますよ〜〜。6日お会いできることを楽しみにしています(^O^)
[ 2015/05/02 21:42 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさんこんばんは~^^ 伊豆大島行くならCBより絶対オフ車ですね! やりたい放題で楽しそう! 民宿僕も好きなんですよね~。 期待通り、いや以上のおもてなしのお料理! ファンになっちゃいそうですね。 復興は僕も願うところなので是非行ってみたいです。 島の人達にも触れてみたいです。 そして・・・裏砂漠にはスタックした白い軽はおりませんでしたか?(笑)
[ 2015/05/03 00:19 ] [ 編集 ]
No title
伊豆大島充分楽しんでこられましたね。 オフ車での楽しみがいっぱいですね。 今年のr年休はバイク三昧なのですね。 羨まし限りですね。 こっちは今日(5日)仕事して小田原へ向かいます。 明日よろしくお願いします。
[ 2015/05/05 09:22 ] [ 編集 ]
No title
ムコ殿さん 返事遅くなりました。 是非一度チャンスがあれば行ってみてくださいね。 連休も楽しめましたよ。 ステッカー、2700円で譲って頂けて幸せですw
[ 2015/05/06 19:28 ] [ 編集 ]
No title
CATBIKEさん チャンスがあれば行ってみるのも面白いですよね。 でもできればオフ車の連れがいた方が絶対いいです。 今日はお会いできてうれしかったです。
[ 2015/05/06 19:29 ] [ 編集 ]
No title
旅好きさん ここは旅好きさんははまっちゃう気がします。 チャンスがあれば是非行ってみて下さいね。 オフで裏砂漠を走るのは楽しいです。 haseさんの言われていた通りに、連れがいれば表砂漠までの制覇も連れがいればできるかもしれませんよ。
[ 2015/05/06 19:31 ] [ 編集 ]
No title
かきさん 伊豆大島、初めて上陸しましたが本当に楽しかったです。 5日に仕事で7日にまた仕事で6日の今尚走ってるなんて! お会いできてうれしかったです。 道中お気を付けて無事着きますように。
[ 2015/05/06 19:33 ] [ 編集 ]
No title
お疲れさまでした! 今日の分の更新も楽しみにしています 今度は数人で上陸したいですね 表は砂漠と言うより噴石がゴロゴロのまた違った感じで面白いですよ~ 自分の行った時は土日のしかもイベントがあった日だったので全体的に人が多くて(汗) 静かな伊豆大島いいですね
[ 2015/05/06 22:13 ] [ 編集 ]
No title
haseさん この前直接お聞きしたルートをマップで見ていて涎が出てきてしまいました。 でも果たして複数台で行ったとしてもあのキツイ登りを私には克服できる気がしませんが。 私が行ったのは月曜日帰る便だったのでガラガラでした;; ですのでかえって一人ぼっちの怖さが倍増してしまいました;; 伊豆大島。自分でブログを振り返ってみていても改めて楽しい場所だったと思い返します。
[ 2015/05/09 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR