続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

セローでオフ会に初参加! 001

事の発端は先週末近く。
仕事のキャンセルが入り日曜日はツーリングに行こうと決め、CBで出るかセローで出るか行き先を考えているところ、ムコ殿さんがRAIDでオフ車の方々のツーリングに参加されるとの情報をキャッチ。
こ、これは行ってみたい・・・かも・・・
DSCF4605_R
伊豆大島の裏砂漠をセローで単独走行した経験から、複数人で走る大事を思い知ったこの身。
複数人で走ればスタックしても何とか脱出可能なわけでして、そうすればもう少し深く入り込んだチャレンジもできるだろうし、楽しい道にも連れて行ってもらえるだろうし、是非林道走行を経験者と一緒にしたい・・・と早速今回の主催者「中性脂肪600さん」のブログに辿り着き参加意思をコメントしようとしたものの・・・
参加表明されている他の方々のブログが気になり、徘徊してみてみるとやたらすぎる・・・
林道をガンガン走られたり、ガレ場にガンガン突入していく記事やらがもうドカドカと載せられているものですから、初心者の私にはハードル高すぎて・・・
本格的過ぎてこれは無理ぽ
と即、諦めました。

そもそもよく考えれば、ブログで一度たりとも繋がった事もないドシロートのよくわからない初心者が突然「どうも~」ってやって来て、走りゃあドテボテとコケて「助けてくれ~」「押してくれ~」「なんとかしてくれ~」なんて言って喚いている姿を想像すると、参加者のみなさんが思うことは「なんでこんなヤツが来たんだ? そもそも誰だよ?お前」の空気になるのは必死・・・これは断念するしかなさそうです。

しかし、ふと思いついたわけです。
そうだ。「TEAM DANGUNのムコ殿さんに誘われて~」 「ムコ殿さんが記事を上げたので参加しようと思ったんですよ~」「ムコ殿さんが来いって言うんで~」とムコ殿さん前面出ししていけばたとえ散々迷惑をかけても「ムコ殿さん、こんなヤツ連れてくんなよなぁ。空気読めよ」とその怒りの矛先はムコ殿さんになるわけです。
早速この手でいくことにして、すかさず中性脂肪600さんの記事に参加表明コメント。
突然のコメントでびっくりされたかもしれませんがして下さり、参加決定!

さて準備に入ります。
実は伊豆大島で特に感じたのがリアのトップケースが邪魔だったこと。
DSCF4607_R
2泊3日のスケジュールなので荷物は多くなるのは仕方のないところでしたが、とにかくトップケースの重さが邪魔で砂漠が思うように走れないのです。
そこで今回はなるべく軽く積載したいと思い、リアシートバッグに切り替えてそこに昼食各自用意ということだったのでインスタントラーメンと調理具を積むことに。
トップケースはそれ自体が重量を持っているのでリアシートバッグはかなり軽量化されて楽でした。
でもやはりバックパックが理想なんでしょうね。
まぁ 超初心者なので足りないものは徐々に買い足していこうと思います。

当日。
DSCF5642_R
初対面の方ばかりなので緊張しながらも自宅を出発。
9時に裾野集合なのでまさか初参加者が遅刻するわけもいかず、7時過ぎに出発します。
足柄峠を越えていきますが、今日は富士山は雲に隠れ気味。
それでも天候はまずまずなのできっと楽しめることでしょう。

御殿場側からR246に出てからは無給油でツーリングするとのことでしたのでスタンドで満タンにしていざ集合場所のサークルへ。
先に到着していたのは・・・おお!ムコ殿さんじゃないですか~
一つ緊張をクリア
この日まず恐れいていたのは私が一人で先に到着してしまい、参加表明をしていた中性脂肪600さんなら挨拶すれば理解して頂く事はできるでしょうが、ブログですら何も繋がっていない初対面の方と出くわしてしまった際に「?」「?」「?」になること。
中性脂肪600さんのブログには連絡先までコメントを入れての参加表明だったため、誰からもコメントが見られない状態のまま。
まさか今更「よろしくね~」なんてコメント入れても誰も見ないだろうし、やっぱりこれもマヌケなだと思われるだろうと思って緊張していたのです。
まぁ後から考えればみなさん気さくな方達ばかりだったので、そんなに緊張する必要もなかったのですが。

しばらくすると続々と参加者の方々がやって来られます。
DSCF5650_R
この日の参加者は主催者の中性脂肪600さんのWR250、ご友人のテツさんのXR400、albireoSZさんのアプリリア、チェッチェッチェローさんのセロー250、かっき~さんのセロー225、ラオさんのセロー250、ムコ殿さんのRAID、そして私のセロー250のになります。

挨拶を済ませていざ出発。
中性脂肪600さんの誘導案内でついていきます。
DSCF5658_R
すると自衛隊演習場入り口付近で自衛隊さんとバッティング。
中性脂肪600さんがあれこれやり取りをされていましたが、どうやらこの日は道路補修日ということで今回はここはパスすることになってしまいました。
予定ではここが10kmほどあると聞いていましたので、本来は「ここを走って慣らしてね」といった感じだったのでしょうか。
初心者には中々良さそうな道だったので残念ですが仕方ありません、また機会があれば走ってみたいものです。

そうなると予定が変わってきてしまいまして、前倒しして鉄塔下へ向かうとのこと。
後から考えるとこれがかったのかかったのか。
ゴングと同時にジャブの前にアッパー食らってノビてしまった4回戦ボーイのような気分で、いきなりオフロードのを受けることになります。

ここはリア路面らしいのですが、伊豆大島と雰囲気がちょっと違います。
DSCF5666_R
質は伊豆大島の裏砂漠と同じ感触なのですが問題は路面です。こちらの方が轍が凄くフカフカしている場所が多くて硬く締まった路面は少ない感じ。
DSCF5694_R
また周囲は草木が生えているので一車線道の幅内からルートを選択するのですが、たくさん走りこまれている路面はかなり荒れて波打っています。

それでも一度はリア路面を走ったこの身です。
ここは頑張って砂漠スリア制の腕前をご披露せねばと調子こいて突き進んだのですが、気負いすぎかスピードに乗ってしまった途端にハンドルを取られていきなりの。草むらダイビングです。
そこからは気持ちが一気にえてスピードを抑えた走りになってしまったため、半分スタックしかかりながらの移動になってしまいました。
あっという間に丸出だめ夫っぷりをしっかりとみなさんにご披
遥か遠方で待機していらっしゃるみなさんの顔が一人一人ズームされて「やれやれ」「あ~あ」と溜息をついていたのを見逃しておりませんw
それでも途中途中で、皆さんからライディングスタイルのアドバイスを頂いて一つ一つ注意しながら走行することに。
なるほど。いきなりは上手にできませんが最初よりかなりアドバイスが効いてきたのか少しよくなった感触。
WS000001_n
とはいえみなさんのライディングには到底追いつけるものではなく、特にアクセルワークが難しく2速維持がどうしてもできません。
多分スピードの問題なのでしょう。スピードを上げれば相当車体が振られての恐れが出てきますし、スピードを落とすとすぐにリアになってしまうので2速維持ができないわけです。
これは大事な課題としてもっと上達するように練習したいですね。
DSCF5685_R
それでも何とか鉄塔下までヒーコラ言いながら辿り着いたのですが、かなりハードな運動能力を要求されるので辿り着いた頃にはだくに。
みなさん何事もなかったように平然としていられるのはなぜ
DSCF5684_R
これは凄いスポーツだと改めて感心しきりでした。

などと悠長なことを言っている場合ではありません。
来たのだから戻らなければならないのです。
とにかくモタモタして遅れを取ってスタックでもしようものならこの路面の事です。先に行ってしまった方々が遥々遠くから助けにきてくれる保証がありません。場面場面での状況判断に慣れない私にとってはもしやこんな時も「甘いな。自力で戻ってくる。それがルールだ」なんて言われるかもしれないと思い、とっと先行させて頂いて転倒しても助けてもらえる順番にしてもらいます。
WS000015_n
先があきらかにフカフカしているのが分かるのが怖いんですってば;;
WS000006_n
こんな風に走ってみたいものです。
0002_n
見るのもまた勉強になります。

リア地獄のを受けた私とムコさんでしたが、メッチャ面白い場所でした。
これは旅好きライダーさんもご一緒したかった場所です。一人で行ってチャレンジして貰いたいですwww

この後林道へ移動していく予定となります。
スポンサーサイト
No title
オフ会ありがとうございました。 楽しかったですね!是非また行きましょう。 ところで、この記事! た、楽しすぎる! 文才あり過ぎですね(^^ゞ 初顔合わせの緊張感やスコリア攻略の緊張がヒシヒシと伝わります。 あ~続きが早く読みたいです。
[ 2015/05/18 17:02 ] [ 編集 ]
No title
お疲れ様でした~(^^) 相変わらずおもろいでんな~www 今必死でレポ書いてんのに霞んでしまうがなwww 文中の・・・「これは旅好きライダーさんもご一緒したかった場所です。一人で行ってチャレンジして貰いたいですwww」・・・って(^^;) あそこは独りで行くもんじゃな・・・いようなwww つづき楽しみにしてます(^^)v やばい早く追いつかないと・・・記事平行動画やめちゃおうかな(^^;)
[ 2015/05/18 19:55 ] [ 編集 ]
No title
参加表明のところの記事を読んで吹き出してしまいました(^◇^;) 面白すぎです。 もう、これはオフロードの世界に引きづり込まれるのは間違いないですね。でも、先生がいると、上達もすごーく早いと重ますよ(*^^*)
[ 2015/05/18 20:11 ] [ 編集 ]
No title
昨日はお疲れ様でした。 ぱるさんの記事を読んでいて物凄く緊張していた様子が伝わりました。でも大丈夫ですよ。全然気にしてませんし、逆に楽しく接して頂きありがとうございました。 そぅそぅ!こちらこそぱるさんのまん前で写真パシャパシャ撮りまくってて「何だコイツ、写真撮ってねーでさっさと行けよ」とか思われてないかなぁって思っちゃいましたけど…(^^;) えっ!?スコリア地獄で転倒シーンあったんですか!?いやぁ〜見とけばよかったな〜。ブログネタを見逃しました(笑) 私の実家ともお近くですし、南足柄はちょくちょく山業してますので、またご一緒出来るのを楽しみにしてますね〜(^^)
[ 2015/05/18 21:10 ] [ 編集 ]
No title
パルさん、お疲れさまでした! 準備体操なしに、いきなり百本ダッシュした感じでしたね。 自分も経験は浅いので走りきるの大変でしたよ。 冷や汗もんでしたが 演習場、ダメでしたので仕方有りませんね。 しかし、上達早いですね。
[ 2015/05/18 22:10 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは。 林道走れるだけ羨ましいです。(;^ω^) 富士山もずいぶん舗装されちゃったり、 規制が入っちゃったところもあるみたいですね。 自衛隊演習場の近くの林道を走っていると 結構、自衛隊の人と合うんですね。 怒られるのかと思いきや、いつも何も言われなかったことを覚えています。
[ 2015/05/18 22:48 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさんこんばんは~^^ ア”~っ!メッチャ楽しそうだし!! 僕も間違いなく吹っ飛んでますよ! ぱるさんの近くで3回ぐらい(笑) 何か必死のパッチに夢中になりながら走れるような感じが楽しそう。 実際は心折れそうになるかもしれませんが。 でもひとコケで致命的なCBじゃ絶対そんな遊びできないですから。 そして「手押しをしてくれる」人がいると心強いですよね。 1人で行って帰ってこれなくなった時この場所にJAFは無理かな? 自衛隊のハマーにくくりつけて帰るしかないでしょうか・・・。 足柄峠や優しい林道を楽しく走れる今のタイヤ気に入ってるんですが その場所にいたってはやっぱりそれ相応のタイヤがいいかも^^ 次回機会があれば是非一緒に ・・・・・ 転んだところを撮り合いしたいです^^
[ 2015/05/19 01:07 ] [ 編集 ]
No title
こんにちは~。 毎回しっかり「読み物」になっているんで、今回の記事も楽しく読ませて頂きました。 特に集合場所までの葛藤は「あるあるwww」と吹き出しちゃいました。 前日雨が降ったし、ある意味美味しいコンディションだんだろうなぁとムコ殿 さんのブログ見て想像してましたが、ホントめっちゃ楽しそうですね。 火山灰の路面は砂浜走るような感じでフロントは思った様に動かないわ リアはズブズブ潜るわで大変だったと思いますけど・・・それを楽しいと 感じるなら、ぱるさんも立派なドM・・・じゃなくてオフ車載りですね^^; もう娘さんに大型免許取らせてCBは譲っちゃってもいいんじゃないですか・・・(^_-)b
[ 2015/05/19 10:29 ] [ 編集 ]
No title
オフ車で本格的なオフロードですね。 こんなことしてたらますますセローにつかりっきりですね。 CBがいらなくなりそうですね。 この際私が引き受けます。 私はちょっと訳ありになりましたから。 でも楽しそう~~~~。
[ 2015/05/19 13:10 ] [ 編集 ]
No title
中性脂肪600さん 色々ご案内してさって有難うございます。あんな経験は初めてなものですから相当舞い上がっちゃってました。 複数人で行く林道は本当に安心ですし楽しめますね。 またこれに懲りずにお誘い下さいね。時間が合えば必ず行きます。 お疲れ様でした。
[ 2015/05/19 16:52 ] [ 編集 ]
No title
ムコ殿さん お疲れ様でした。 いや~ あの時躊躇して参加を辞めなくて良かったです。 すっごい体験でしたもんね~ あれは乗り込まれている方々だから連れて行ってもらえたものだと思ってます。 次は旅好きさんですね~ スコリア地獄の餌食はwww
[ 2015/05/19 16:54 ] [ 編集 ]
No title
CATBIKEさん 本当に初対面の方々ばかりの上、オフ初心者という不安材料があったので迷惑にならないか心配でした。 本当に仰る通り 上手な人についていく、教えてもうらのが一番の上達法ですね。
[ 2015/05/19 16:55 ] [ 編集 ]
No title
かっき~さん ご一緒してくださって感謝感謝です。 もうね。参加表明を思いとどめたのは何をかくそうかっき~さんの記事を読んでしまったからなんですよ。 明星林道のとんでもない支線を下りていく記事には「こりゃ無理だ」と本気で思いましたもん。 近いのチャンスがあれば是非またご一緒させて下さいね。
[ 2015/05/19 16:57 ] [ 編集 ]
No title
ラオさん ご一緒できてうれしく思います。 スコリア地獄、ニコニコしながら平然と進んでいっちゃってたじゃないですかぁw 何だか近くにこんなに先輩がたくさんいてくれるとうれしいですね。 今後またチャンスがあれば是非ご一緒して下さいね。
[ 2015/05/19 17:00 ] [ 編集 ]
No title
出不精おやじさん そうですか経験者でらっしゃいましたか。 いや~私もこの歳になってオフに引きずり込まれていきそうです;; 富士山周辺ってあんなに未舗装林道があったんですね~ それでも昔のがたくさんあったなんて。 想像つきません。
[ 2015/05/19 17:01 ] [ 編集 ]
No title
旅好きさん ルート、ムコ殿さんが地点登録してましたからきっとご存知だと思います。 私はわけわからんかったですがwww いや~ あのスコリア地獄は3人以上必要ですね~ 2人でも不安かも。 今度是非ご一緒しましょうね!
[ 2015/05/19 17:03 ] [ 編集 ]
No title
Osamuさん そうなんですよ~ その上オフ初心者ときたものだから迷惑かけたくないっていうのと下手すぎてドン引きされないかが心配でした。 オフ車の魅力は走ってみないとわからないものですね~ 何だか私はオフ車の強い重力に引きずり込まれている感覚があります。 OsamuさんのGSでのスコリア地獄制覇、是非見てみたいですw
[ 2015/05/19 17:05 ] [ 編集 ]
No title
かきさん 記事拝見してびっくりしてしまいましたが、CBは直されるんですよね? 私はまた かきさんがスーパーロングで居眠りしてしまったのか!なんて心配しましたが何よりご無事で一安心です。 CBもエンジンかけないとヘソ曲げそうです;;
[ 2015/05/19 17:07 ] [ 編集 ]
No title
オフは身軽が一番ですね 自分もスコリア地獄ハマってみたい! 伊豆大島よりフカフカって事はアクセル躊躇せず開けて行かないと進まなそうですね 草むらダイブ!コケても笑えるってのもオフ車の魅力ですね
[ 2015/05/20 09:52 ] [ 編集 ]
No title
haseさん 道がここしかないからアクセル開けまくった結果でしょうね。 フカフカしすぎて前に進みませんでした;; 伊豆大島のは轍があっても割と平地はスルスル進んだんですけどね;; 今度一緒にハマりに行きましょう! コケても何の問題もありませんでしたwww
[ 2015/05/20 12:19 ] [ 編集 ]
No title
ぱるさんの文章は、面白くて好きです! にやにやしながら読ませていただきました それにしてもオフロードは、汗だくの体力消耗戦のようですね 先の道がフカフカ、うわーそれはやだなー 怖いよぉ~ それを克服していけるようになると、オフロードの魅力にはまるのでしょうか 自分は、オンロード専門で(^^;
[ 2015/05/20 12:39 ] [ 編集 ]
No title
RRさん 本当にフカフカの道は心、折られます。 そして突き進んで尚、帰路があることに更に心が折れました。 きっと何度か走るとオフの魅力にはまってしまうんでしょうね~ オンの楽しさとまた違った喜びがきっとあるのでしょうね。
[ 2015/05/20 20:32 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは。 「ぱる」さん初めての書き込みお邪魔します。 かなり古い話(1週間前)になりますが・・・・・楽しかったです。 BIGバイクに普段はまたがっておられるとか?OFF会いかがでしたか? 最初の演習場は残念でしたけど。 鉄塔下はいきなりのハードセクションで辛かったですね。 私も何十年ぶりかに入り腕が「金縛り」状態でした。(^^ゞ でも走破で来た時の喜びは格別で、昔を思い出しました。 林道の中も皆さん良いペースで走られていたので驚きました。 これに懲りずまたお会いしたいですね。(*^^)v 一緒に遊びましょう。
[ 2015/05/24 18:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR