続・世に棲む日々。

ロングツーリングとトライアルと。

2012 夏 東北ツーリング №01

8月19日 AM4:00 自宅を
出発。 まだ陽の昇らないうちに自宅を出発。
CIMG7843_R

ツーリング当日はうきうきして眠れないものなのだが、この日は前日、真夏の炎天下に杯仕事をしたこともあり、少し体調が悪い感じで少し重い気分で出発。

CIMG7845_R

東名、首都高、東北道を順調に進路を北にとり、SAで栄養ドリンクを都度飲んで体力を回復。
福島へ入った辺りでようやく体調も元に戻ってきました。

CIMG7853_R

仙台空港付近です。 映像でも津波が空港を埋め尽くす姿を見ておりましたが。多くはきちんと復興していましたが、道路のガイドやフェンスはごらんの通り倒れたままです。
ちなみに奥が海でフェンスが海側に倒れているのを見ると引き潮で家や瓦礫でやられてしまったようです。

再び仙台高速に乗って松島へ向かうと、松島は思ったより被害が少なく津波もわずか3m程度で済んだようで2年前に訪れたままの姿を残していてホッと一安心。

1日目は松島へ向かいます。
松島では湾内一周の観光船に乗りましたがこの日は波が高く波しぶきで撮影できず、湾岸から。
IMG_2551_R

IMG_2594_R

やっぱり松島はとても好きです。
芭蕉にして松島を詠い、敢えて「松島・・・」としか表現できなかった理由がわかります。

この日は近くの一の坊というホテルで一泊。
いわゆる高級ホテルなのですが、前回宿泊した時の担当女性がバイクの事をまるでわからずにいたのに翌日、ライダーに耳寄りな情報を色々仕入れて勉強してくれた応対がとても良かった記憶があり、震災のお見舞いと恩返しのつもりで宿泊しました。
ライダーにしてはとても贅沢な宿泊先ですw;;

今回はもちろんその女性が担当ではありませんでしたがやはり気持ちよい接待が一流たらしめている感がありました。

CIMG7933_R

CIMG7937_R

CIMG7968_R

さて翌日は松島を後にして目的の一つでもある南三陸へ向かいます。
松島はさほど被害が大きくなかったものの、少しずつ南三陸に向かうごとに、民家がベニヤ板で窓や入り口を塞がれていたり、基礎部分しか残っていなかったりする土地を多く見かけるようになり始めます。

そして南三陸町の町役場に到着する頃には、線路がなくなったままトンネルだけが残っている駅付近や基礎だけが一帯に残っている町並みだけになり、もう滂沱たる涙がとまらなくなってしまいました。

本当に。
涙がとまりませんでした。
ただただ。無念とやり場のない怒りと悲しみと。
CIMG7973_R

CIMG7971_R

バイクツーリングなんかで出かけていいものかどうか悩みました。
地元の人々に失礼に当たらるのではないだろうか。
激しい怒りをかうのではないだろうか。

しかし。何かを感じたいという思いと、考えてばかりで何もしないことの方がよっぽどいけないという気持ちが強くなり、そのことが今回足をのばす後押しになりました。

そして地元の人たちの悲しみ、苦労、なんら復興していない現状を目の当たりにしただけで、本当に何か力になれることを考えようと思うことができたのは、何もしないで目を逸らしている事の方がよっぽど罪なんだと再認識させられました。

あの1年半前に起きた災害は今なお、地元の人たちには現実に起きているなんら解決の目処が立たない問題なのです。

この役場跡の近くの土にはたくさんの割れた茶碗やお箸、レンガなどと一緒に靴下、洋服なども混ざって埋まったままでした。

近くに仮設住宅が建っていましたが、今尚報道されない裏側の事実があること。

多くの仮設住宅の方の中で信じられない位の自殺者が出ていることすら知らなかった。

本当に何か、わずかでも改めて被災者の方々の力になれること、また気持ちを新たにしてやっていこうと思ったものでした。









スポンサーサイト
No title
ぱるさんこんばんは 東北ツーリングお疲れ様でした。 いいお宿は料理、温泉、おもてなしも最高ですよね。 ツーリングをワンランクもツーランクも豊かにしてくれます。 僕も半年前ほどにいわき市など行ってきました。 ぱるさん同様に現実はとてもひどいものでした。 ここには書きませんが怒りの矛先や感じた事は同じだと 思います。 ブログでみなさんに現実を見てもらい知ってもらう事も 大切だと思います。 そして東北の地場産業の復興の為にも 力は小さいかもしれませんが僕達は遊びにや買い物などして貢献する事もお手伝いになるのかなって思います。 続きも楽しみにしています。
[ 2012/08/28 22:40 ] [ 編集 ]
No title
旅好きさん 東北は改めて良い所だと感じました。 被災地の現状は悲惨を極めていて、私たちが少しでも力になれればと思います。 それにしてもやっぱりツーリングは楽しいものですね。 いつも旅好きさんのように飛び出せるわけではないので、こうしてたまにロングで楽しめると本当にバイクの楽しさを実感します。 あんまりメットを脱いだり被ったりすると耳が痛くはなりますが;;w
[ 2012/08/30 15:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱるぅ

Author:ぱるぅ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR